2008/04/21

ポリティカリー・インコレクト

「いいよ,勝とうよ!誰に何言われたって,どう思われたっていいよ!勝ちたいんでしょ!」
土曜のロスタイム,ピッチ上で時間稼ぎが始まりN周辺にビミョーーな空気が流れる中,わたくしが半狂乱で叫んでた言葉だ。37にもなってどんだけポエム体質だよ自分!と今となっては思う…。が,正直にそう思ったんだから仕方ない。判断基準はその行為・行動が外から見て正しいかどうかではなく,(常識の範囲内で)わたくしが正しいと思うかどうかだ。それは現時点でも同じで,あの時ラスト数分の展開に多くの人がブーイングを起こしてそれがサポの総論って事になったとしても,あの時わたくしが思ったことは揺るがない。同じように,キショーの被ファウル(超絶関係ないが,被ファウルとT-FALは似ている)に野々村兄貴や解説者やジャーナリストが何を言おうが,他サポが何を噛み付こうが,キショーが間違ってないと言うならわたくしはキショーの味方になる。誰に何言われたって,どう思われたっていい。ポリティカリー・コレクトなんて糞食らえだ。

---------------------
さてハナシはおもっきし私事になりますが,ただでさえ更新意欲が低下wしてるタイミングで自宅のPCがコワレました。6~7年使って今まで何の問題もなかったのがおかしいわなー。既に半月以上放置してるので大勢に影響はないと思いますが,またしばらく更新滞ります。あと,これも大勢に影響はないと思いますが,諸事情ありまして当面の間コメント欄閉めます。ご不便をおかけしますが,ご了承ください。上でちと攻撃的な事書いたのとは全く関係ないですYO!

---------------------
あと2週間は当ぶろぐ放置の憂き目にあうと思われますので,今のうちから予告しておきます。4月29日(火)のヴェルディ戦は絶対見逃すな!新潟史上最大(身長が)の男,2年ぶりの清五郎帰還だ!(フッキと柱谷にはくれぐれも空気を読んでほしいと今から心配しています)

| | トラックバック (0)

2008/03/17

問題の本質を見失っている人々 フォルツァ・ニーガタ!

【これまでのあらすじ】
・1月。どんな移籍大物が入ってくるのかとワクワクテカテカ待っていたら,晴天の霹靂14番だった人の出戻りニュース。がーん。結局日本人の新入団選手は高卒若い子ちゃん以外ゼロに終わる
・2月。練習試合の結果に心中穏やかではないが&どうなんだ今年のアルビ?という声も少なからず聞こえてはきたが,ナマで観るまではあんま色んな事言うまいと自分に言い聞かす
・3月9日犬宮戦アウェイ。心配は的中。いろんな意味で厳しい現実を目の当たりにする。今年はいろいろと覚悟しなきゃなー。覚悟完了ってそりゃ向こうさんのダンマクですよ

…さ!気を取り直して今年一発目の(試合自体は2発目だが)マッチレポいってみよー。J1新潟 v FC東京@春ウララでウツラウツラの清五郎生観戦編。

-------------------
やっぱいつもホーム開幕ってのは何か空気が特別なのだ。覚えのある光景。12月以降久々にお見かけする方々。集合時間に少し余裕が出来た抽選列。いつもの屋台。初お目見えの屋台。
P1000618
群馬のカルトグルメスポット「永井食堂」出店!もちろん「永井食堂のテーマ」も威風堂々新潟進出だ(ラジカセと共に)

入場前,(早春日本海グルメツアーの傍ら清五郎に立ち寄られたという)瓦斯サポきむらさんご夫妻とご対面~。通りすがりのktmrとえりかを巻き込んでご歓談タイム。「なんか初戦,負けたけど悪くない内容だったって噂じゃないスか!」「…。いやいやいやいや~。実際観てみるとこれが。とてもとてもそんな事は」「え,そうなの?」「だって怪我人続出で人足りてなくてマルシオも帰国しちゃって,ネガ要素満載ですよ?」自信満々の自虐トーク。瓦斯新外国人・カボレのチャントは「♪チョッペー」以来の衝撃であった。♪カボレカーボレそーうカーボレー。

入場!去年はバクスタにあった売店・三宝さまがN進出だー!!あつあつのウマイ中華が毎試合!イヤッフー(そのうち飽きそうだが,ファーストインパクトとスポンサー様への感謝は忘れずに)
P1000619
肉あんかけラーメンうまうーま。
P1000620

練習開始&声出し。なんだかんだでゴル裏的にも心配なオフではあったが,第一声の「あるーびれっくす!」が屋根に反響すると,ああ戻ってきたな,という気持ちが湧いてくる。ebちゃんの愛娘キャサリン(仮名)(小1)(昨年末からチーム新潟に新加入)と共にご自慢のゲーフラを掲げる。風は弱め,天気はまあ上々(降ってないので)。完璧なフットボール・ウィークエンドの始まりだ。チャントの新曲も聞こえてきたり,選手紹介のマツヲの写真は真剣にいかがなものかという事で激論をかわしたり,っていうか他はともかくマツヲと千葉ちゃんのあの写真はないわ…。感慨もへったくれもなく,きっくおーふ!

前節で感じたのは「外国人以外ほとんど変わってない布陣なのにこのドタバタぶりは一体どーいう事だ」っていう,恐らく皆様が思った事と同じだと思うんだけど,それは1週間経っても大幅に修正されたとは見受けられない。前半は様子見て,ハーフタイムにジュンジュンに喝入れてもらうしかないかなぁ…とか思ってたら,開始からたったの6分で1失点目。わたくしですら様子見れてないウチに。。。イヤンな空気がスタンドに広がるが,ここで気を落としても始まらない。切り替えるぞー!と思った僅か2分後,ナヲ石川(開幕戦のナヲには05シーズンの「あおのんチンチン事件」以来全く良い思い出がない。キュンキュンするならウチじゃなくてヨソにしてくれー!)のかなりヤバ目のシュートを,弾いたところに案の定詰められて2失点目…。これは言い訳できんな。と思った僅か3分後!フィードだかクリアだか分からない中途半端なハイボールがミツルナガタと北野の間にぽとんと落ちる。ミツルが牽制して後ろから来る今ちゃんをカラダで止めてたように見えたが,その横からひょいと足を出されてループ気味のゴールは北野の頭上を超えてマヌケにもゴールへ。。。えええ!何いまの!目の前で展開するあまりにカッコ悪い失点。あれはないわ!流石のポジティ部・チーム新潟もフォローしきれません。失点直後のミツルと北野が傍目にも明らかなほど険悪になってるし。我々周辺のネガティ部も急増。罵声に混じって,近くに陣取る一人ポジティ部兄さんが「しっかりー!1点返していこうぜー!」と孤軍奮闘してたのが涙を誘う(チーム新潟はみんなポジティ部兄さんのファンです。励ましのお手紙書こうかと思うぐらいファンです!)。以下,失点こそないものの全くコチラの得点のニオイが漂わない前半。FC東京のプレスが素早いこともあって全然ボールを前に運べない。「みっちゃんー!そこでロングフィードよ!みっちゃんからフィードを取ったらイケメンしか残らないでしょー!」「ミツルー!マツヲがヒマそうよー!」我々もかなりヤケだ。そんな中,キショーの頑張りが目を引く。一人で右サイドに持ち込み,プレスかけにきた長友を引きずり倒し(た訳ではないんだが,とにかく競り勝ち),ラインを割ったかと思いきやちゃんとキショーゾーンでボールキープしてて,スゲーこんな頼もしいキショーさん初めて観たー。周りが調子出せてないので相対的に頼もしく見えてるだけかもしれないが,やっぱり代表に呼ばれ続けて,出番こそアレがナニだけど積んできた経験は無駄じゃなかったのだ。多分。キショーさん一人に夢を託すしかない状況もいかがなものかと思いつつハーフタイッム。「あれだな,淳さんにきっつい喝入れてもらうしかないな」「『サッカーやめちまえ』並の魔法の言葉を」「なんなら机ぐらい蹴飛ばしてもらってもいい!」

後半。N側に向けて攻めてくる展開になっても,得点のニオイは全然漂いません。アレたんはやたらバタバタ倒れるし,ダヴィはボールキープがやたら上手くて足裏で2~3人を抜き去るあたりはおおっと思うんだけどその後必ず奪われてるし。ついでにスルーパスのつもりで出したパスはモンキーハンティング失敗の法則のように全然スルーできずに奪われまくる。イイ攻撃の形がなかなか出来てこない。さっきまでお菓子食べてウツラウツラしてたはずのキャサリンが不意に一言。「きょう負けるね☆」「こらー!負けるって言うなあああ!」「ハルさん子供相手に大人気ない…」 なんか今日は高い授業料ってことで次,次!みたいな諦念が湧き始めた57分。いい感じで攻め込んだ…内田潤走りこむ…あああああ!!肘の公務員カバーも眩しいじゅん内田,今季初ゴール!!!狂乱の中,よかったコレでちょっとは空気変わるかも(チームもゴル裏もな)なんて安堵を感じる。しかし潤はかっこええー。ドキドキさせるといったらさせるぜ!させますよ。という地味な華やかさ(もう自分でも何を言っているのやらサッパリ) と思ったら速攻でスルーパスにうまいこと抜け出してキショーゴール,キター!!!興奮するったらない!まだ1点ビハインドがあるってのに絶叫しすぎて酸欠気味w ゲフンゲフン咳き込みながらキショーのリアル頼もしさに涙する一瞬。もう今季はキショーさんと心中だ。キショー頼みの糞サッカーと呼ばれてもいい!もう何がなんだか!
一気呵成の攻撃でこのまま逆転と行きたかった。実際,前半ムカつくほど素晴らしかったFC東京のプレスが後半になって息切れしてきてたこともあるし,畳み掛けるならこの時間帯しかなかったと思う(前半同じように,5~6分そこらで3点を取られたように)。が,その後はいくぶんイイ展開に持ち込むものの決めきれず,残念無念のタイムアーップ。

ただ,終了直後の絶望感でいったら前節犬宮戦ほどの脱力感はなかったのも事実だ。なんだかんだで点も入ったし,まだまだ拍手で迎える気にはならないけど闘う気がないわけじゃないぞウチの子たちは。ebちゃん(娘と共に74からレンタル移籍中)が不意に呟く。「魔法の言葉,分かったぞ」 携帯で見せてもらったのはコレ,ハーフタイムコメントだ。「淳さんスゲー!」「これで喝入れしたんだぁ!」「ほんとに魔法だよ!かっこいいいいい!」 痺れる魔法使いだ。更に他会場の結果を見て思う存分溜飲を下げる。「浦和プギャーwww」「それより川崎www」「ガンバも大敗とかもう何がなんだかwww」お分かりかと思うが,我等全員「どっちにしろ2連敗」という問題の本質を見失っている。

------------------
しょーじきな事を書きますね。14番だった人が出て行った時点で,補強云々を抜きにしても今シーズンはいろいろと忍耐の年かも知れないなぁとはボンヤリ思ってたのね。去年の6位が出来すぎとは思わないけど,あれ以上の結果が当然のようについてくるなんて能天気な事は到底思えなかった。スポンサーや観客動員減についてはとりあえずフロントが考えたらよろしいがな!って事で,チーム自体がアレでナニなのはいかんともしがたいな。特に昨シーズンから大きくは変わってないハズのCBラインの崩壊は理由がサッパリ分からない…。まあ,そんな事はジュンジュンが考えたらよろしいがな!ウチラはなんとかして彼らのケツを叩くことを考えるのみだ。後半いきなりボルテージが上がった♪Let's go, get goal oh!の声を聞いたら,5千人以上減ってるとはいえウチラもまだまだ出来る事はあるぞって気になってきた。色々とがんばろ。

【今日の本間勲】
2年目のキャプテン業。悪い空気をなんとかしなきゃという責任感は観てて痛々しいが,ボランチの仕事自体は全うしてるのがスバラシー。なにかとキツいシーズンになりそうだが,周りにはテラとか潤とか経験豊富な先輩方が居る訳で,適宜頼りつつ主将業もこなしておくれ。とりあえず北野と千代たんとミツルに会食の場を設けるとか。
P1000625
祝☆PREVIEW表紙に中条の星。雑誌としての地味さは否めないが,うっとりするほどステキだ。
【今日のFC東京】
ビジター席に掲げられた「池袋」ダンマクの意味を誰か教えてくれ!気になって気になって!
【さて,彼等をどう捉えるべきか?】
「アレとダヴィねえ…もう少し見守ってあげたいけど…」「まあ,ウチラ観始めたの昇格の年からだからさ,今まで明確なハズレ外国人って経験してこなかった訳じゃん」「そうだね」 …という訳で,試合後の飲みの席で古参の皆様にアルビレックス外れ外人列伝を聞き出し,溜飲を下げるわたくし。明らかに問題の本質を見失っている。♪ナシメントーはーブラジル人~

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008/02/19

thee midfielders got excellence

(※エントリ名の文法の適当さは気にするな)
またもご無沙汰しております。諸々忙しく&アルビ絡みの明るい話題があんまし出てこないwこともあり更新の筆も鈍る今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。そんなわたくしですが先日,キャンプから帰国直後の選手達を拝見すべく激励会いってまいりました。朱鷺メッセのアリーナ席後方も後方,壇上の選手は豆粒にしか見えずモニターを眺めるのみ。例年通りの淡々とした激励会でしたが楽しい時間を過ごさせていただきました。ダヴィかわえー(あの癒しスマイルはファビに匹敵する)とか新人ちゃんが皆イケメン(言うまでもなくわたくしはフケ専デブ専ですからイケメンちゃん達は若いお嬢様方に任せます)とか「どうも内田です」とか,ミツルが倒れることなく最後まで壇上に居た事に感動とかミツルよ一口サイズって何だよとか,黒河(間違ったオダギリジョー)を観てるとミシェル先生口調で「クロカワッサン!」て言いたくなるよねーとか,発言の本題とは全然違うトコでキャーキャーいってたよ。キャーイングは女子の本懐。
しかしあれだ!若手イケメンちゃんはともかく,いーくんのスーツ姿のやさぐれ良い男っぷりは何事だ。長旅疲れがほどよいやさぐれオーラを出している。あの着こなしが噂に聞くモテスリムか。壇上に並ぶいーくん・寺川さん(テラカワッサン)・内田潤のやさぐれモテスリムオーラにやられたわたくし,帰りの車中でもあきんぐに一つ提案。「よし!いーくんとテラと潤でミッシェルガンエレファントを結成しよう」「いいね~。ウッチーはドラムでしょ。クハラカズユキっぽいし」「わっかる~。テラはギターだな。あのマッチ棒っぷりはアベフトシだ」「でも一人足りなくね?」「誰入れよう」「千葉ちゃんでいいよ。チバカズヒコ(Vo.)」「うっわ適当ー」「どっちかつーと千葉ちゃんだけどベースが似合いそう,体格的に」「じゃいーくんヴォーカルか。イメージ湧いてきた!」「よし,初期ミッシェルの画像用意しろ!やっつけで4人の顔合成しよーぜ!ってそんなヒマあるかい!」 すいませんすいませんバンド妄想(しかもターゲット激狭)始めると止まらなくなる妄想力抜群のわたくしたちです。でもコチラのお方の妄想パワーには全く勝てる気がしない。眩しすぎる…(※超ファンです)

-------------------
そんな毎度バカバカしいネタから,開幕に向けてリハビリを図っていこうと思います。やっつけ顔ハメ画像(できればchicken zombiesまでのミッシェルさんで)募集中。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/01/12

わたくしは別にいいんだけど,ギャル男がどうしても言いたい事があるらしくて

最初ぐらいは美しい話題で。後半の内容を考えると一緒にするのもヒカルに申し訳ないんだけど。
Mthkr1

Mthkr2

Mthkr3

木曜のヒカルお見送り@新潟駅,仕事ムリヤリ終わらせて駆けつけました。プライバシーに配慮してお見送りに来られた皆様の顔は判別できないようにしてあります。(焦っててロクな写メが撮れなかった。1枚目と3枚目に至ってはヒカル本人すら判別できねー)自分が到着した後も仕事帰りとおぼしきファンの皆様が続々詰め掛け,なんとなく1年前の優蔵さんのお見送りを思い出したり。写真撮る人握手する人,しまいにはホームでヒカル胴上げw このうえなくピースフルな空気の中,新幹線のドアが閉まるまでヒカルは皆に手を振ってくれていました。既に移籍先が湘南に決まってるので前向きな気持ちで見送れると思ってましたが,やっぱりMちゃん(友人。元祖ヒカルギャル)やちゅきさん,それにもっくんの涙を見たら貰い泣きしてしまいました。浦佐と湯沢でも魚沼組の皆様が見送ってくださったそうです。
選手も監督も毎年来ては去るもの,どうせなら去るもの追わずでクールに送り出すほうがサポらしい…って見方も否定しない。でも日本にひとつぐらいは,このぐらい暑苦しい愛情を持ったサポが居るチームがあったっていいじゃない。とか思いながら新潟駅をあとにしました。

続きを読む "わたくしは別にいいんだけど,ギャル男がどうしても言いたい事があるらしくて"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007/12/21

それって、例えるとこんな感じ?

最終戦レポはどうした>自分ツッコミ

------------------
以下はわたくしの妄想っていうか一般論的なっていうか、こういう話って現実にない訳じゃないよねーっていうか、まあ深く考えずに読んでいただければ幸い。

いやオレの彼女がさー、あっ付き合ってもうすぐ1年になるんだけどさー、もうマジ可愛いしラブラブなのな。なんか聞いたハナシだと前の男が結構酷かったらしくて、7年付き合ってたって言ってたけど、なにかっつーと寒い中延々立たされて説教くらったり、何か最後には「お前イラネ」っつってフラれたらしくてさ。そんで色々と相談に乗ってた俺が付き合うことになったんだけど。いや、彼女はそういうのあんま言わねぇよ。彼女の友達とかから聞いたハナシ。いや、だから今はマジラブラブだって。彼女は言いたいことズバズバ言うし声は甲高いしたまにサリーちゃんのパパみたいな髪型になってっけど、そういうのも可愛いっつーか?
前の男にはオレも今年2回ぐらい会ってんだけど、なんつーの、まだ未練ある系?呼ばれれば手ぐらい振るだろうし彼女そういうトコロ優しいからそれはそれで別にいいんだけど、オレからしたらそういうの正直ウザくね?まぁウゼーとか言わないけどな、オレも色々と叩かれんのヤだし。別にオレら今ラブラブだから平気だし。

で、こっからが本題な。その前の男が、なんかヨリ戻したいらしくて最近彼女に色々言ってくんのな!付き合うのに反対してた家族もいなくなったしとかオマエが居なきゃオレはやっていけねーとか何とか。な、ありえねーべ!?マジムカつかね!?今はオレという男が居る訳よ?どのツラ下げてって感じじゃね!?

…あー、うん、まぁ、確かに7年も付き合ってたんならそれなりに気になるとは思うわ。確かにな。でもそいつ、説教癖とかあんだろ。…え?オレもやったろって?11月のアタマに…あれは確かにオレが悪かったっつーの。反省してるっつーの。ちゃんと彼女とも仲直りしたっつーの。…多分な。いや、だからよ、そんな前の男とかマジ知らねーし!関係ねーし!だーかーら、『女心はわかんねーぞ』とか言うのやめね?彼女そんなオンナじゃねーし。そんな女じゃ…

---------------------
そういう事なのかなこの件は、とか思ってみる。女ゴコロは確かに何が起こるかわからんが、これは男女関係ではなく厳然たるサカー界の契約のハナシだし、勿論隊長はそんな女じゃないと信じたいしそもそも女子じゃない。あとギャル男口調って意外に難しい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/11/25

勝ってれば間違いなく今季ベストゲーム フォルツァ・ニーガタ!

今季最後のアウェイゲーム(天皇杯ないからネ☆今年の天皇杯って中止なんでしょ☆)。試合自体はもうひとつ残ってますが、早起きしていつもの仲間とわいわいバスに乗って、ご当地美味いもの食べて、いつもと違う角度でゲームを楽しんで、勝てば祝杯負ければヤケ酒の帰り道。そんな日々も今日でひとまず一段落です。J1横浜FM v 新潟@もう横国はおなかいっぱいです生観戦編。

続きを読む "勝ってれば間違いなく今季ベストゲーム フォルツァ・ニーガタ!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/11/17

ハッピー・プレイスは始めからここにある フォルツァ・ニーガタ!

いろんな事が一度に起こりすぎて、サッカーの事を殆ど考える余裕がなかったこの(先週)一週間。わたくしだけじゃなく皆様もそうだったと思う。それでも次の試合はやってくる。かくして晩秋のリーグ戦、優勝にも降格にも絡まない中位同士の一戦は絶対に負けられない勝負と相成った。アルビがこういう異様なモチベーションの時、往々にして毎年ババを引くのは瓦斯さんであるw J1新潟 v FC東京、遂にリアル白鳥飛来の季節がやってきました清五郎生観戦編。例によってバッチリ旬を逃しました☆

続きを読む "ハッピー・プレイスは始めからここにある フォルツァ・ニーガタ!"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/11/09

give peace a chance, give us FOOTBALL

ああ、先週の今頃は「丸亀どうやって行く?」だの「丸亀のうまいウドン屋はどこだ」だの皆で話したり、果ては熊本で旭タクシーに乗って上通り下通りサンロード新市街を経由してKKウィングスタジアムを目指す妄想(※熊本はレピッシュファンの聖地です)までしていたというのに(ザ・慢心)、今週はあまりに激動すぎて、当時の妄想がすっかり遠い昔のようにすら感じるよ…。せつねぇ…。

-------------------
懸案となっていた例の事件の処分。こんな感じでオフィシャルに出ましたね。なるほどなるほどそうですか。

と同時に、今日になってこんな声明文も出てました。

安心なスタジアムをつくる会

まずは上記リンク先を御覧ください。他人事のように書いてるが、実はわたくし、この件おもっきし一枚かんでます。当然、内容にも全て納得の上でここにリンクしてます。事件後の経過もそれに対するわたくし自身の主張も上記声明文に書かれている通り(ザ・丸投げ)。といったところを踏まえて、以下の長文(もう今から長文にする気満々)を御覧いただければ幸い。物好きな方だけでいいや。どうぞ。

続きを読む "give peace a chance, give us FOOTBALL"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/11/06

we ARE albirex

前のエントリ、どさくさに紛れてコメント返せなくてごめんなさい。落ち着いたらちゃんとお返事します。

-------------------
あの試合の翌日から、ひじょーにムカッ腹が立つ事実が判明してイライライライラしています。ネガティ部なんて小物に構ってる場合じゃなくなったw
なんでも鳥栖戦の直後、バスを囲んで器物破損に至ったバカ者が居たとか。これはどっかで記事にもなったらしいし何人かの友人も目撃してる。当然、実行犯に何らかのペナルティがあるものだと思ってた。ところが噂によると、ないらしいんだな。クラブが弁償から何から被るらしいんだな。
実際にそういう行為に至った人と、それを煽った人達。彼等(彼女等?)に対する憤りは勿論ある。喧嘩が強くて声がデカいだけの、選手愛なんて口だけの(そりゃそうよね、ちょっと前まで「俺達の○○」と歌ってた選手を応援道具の旗竿で小突くんだもん)人たちにゴル裏を仕切られるのはたまったもんじゃない。だけど、今はそういうゴル裏だけの問題じゃなくなってる。実行犯をごっそりスタジアムから追い出してハイ終了、ってんじゃ問題は何も解決しない。

俺達の新潟だから仲間は庇う。へーそうですかカッコいいですねウチのクラブは。そうやって、理不尽な暴力でも仲間だから許されるっていうクラブにウチはなっていくんですか。そんなクラブに進んでお金を差し出したい人がどれだけ居ますか。スポンサーにつきたい営利企業が居ますか。負けたら棒で小突かれるわ物は投げられるわ、そんなチームで戦いたい選手が居ますか。進んで入団したい新人が居ますか。

時間をかけて作り上げてきたホームスタジアムの信頼と実績。でも、それはあっけなく失われることだってある(実際、失われかけているのだ!)。信頼関係のない4万人の大サポーターなんて何の価値もない。「俺達の新潟」「俺達『が』新潟」だと言うのなら、他人事として捉えてはならない。出来る事は何でもやろう。クラブにメールで意見するんでもいい、選手に直接詫びるんでもいいんだ。次の試合、あの無力感を裏返しにして100倍の声援を送るんだっていいんだ。もう一回言うわ。俺達の新潟じゃない、「俺達『が』新潟」なんだよ!

-------------------
ちょっとこれから話し合いにいってきます。取り急ぎのエントリでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/11/02

ザ・消化不良 フォルツァ・ニーガタ!

先週はBIGODEの試合の日に限って大雨。ウィークデイは仕事してるのがバカらしくなるほどのぽかぽか陽気。このまま週末まで続けば絶好の観戦日和だねぇ。そんな甘い思惑が全く通用しないのが新潟という土地だ。土曜になったらまんまと大雨。誰だ誰だ行いが悪いのは!J1新潟 v 磐田@そろそろ冬支度の清五郎生観戦編。全く悪びれることなく金曜になってアップするわたくしの図々しさよ。

この日はNの並び抽選方法が変わるという事で、どうなるか分からないがとりあえずクジは引こうということになり。10時に到着したらやたらと人が多い。そりゃー今まで40人上限だった並びグループが4人に制限されるんだから増えてもおかしくはない。ぼそぼそと降りしきる雨の中、普段はこの時間見かけないいろんな人に会う。魚沼隊を抽選列で見かけた時は驚いた(何時に出てきたんだ!) 抽選が終わるとがっとに時間が空く。チーム新潟は同日夜の飲み会の為に某所でネタ仕込み開始。1時間弱でダンマク搬入。時間あると思ったけど意外と忙しいな。
入場。馴れない入場方法でスタッフも混乱してるのかゲート前で渋滞発生。しかもゲートの中ではなにやらモメ事が。普通の生活ではなかなかお目にかかれない殴る蹴るの大立ち回り。くっだらねえええ…なんなんだろうね、ああいうのにエキサイトする人達って。引くわ。清五郎でやられても邪魔なのでヨソで思う存分やってくれんかね。
入場後、コンコース某所で恐らく清五郎初のプリン部部活動。部員数およそ10数名。「野郎共、プリンは持ったかー!」「おー!」「今日の勝利を祝してー(※まだ勝ってない)乾杯!」「かんぱーい!」うわー、甘いものっていろいろとテンション上がるなぁ(チーズプリンごちでした>ktmr)。1時間前、恒例のアニメ「アルビトゥーンズ(仮)」。じゅん内田が飾り職人の秀(三田村邦彦/新発田出身)になっているwww 更にMSNサンクスデー。良江の後任の方とナゾの外国人(仲間ウチではビル・ゲイツの弟って事になってました)のほのぼのアジテーション。隣で観てた二人連れがそれを眺めながら一言「ローソンの人の方が演説上手いね」お兄さん、そりゃハードル高いよ。てか、いつからサンクスデーはスポンサー社員のプレゼン能力を競う場に…。

さて、お約束どおり試合成分少な目の3時キックオフ。
ズビロもしばらく観ないウチに顔触れが微妙に変わっている。ファブリシオってどこ行ったんだ。エンリケってのは新外国人か。エンリケと言われるとフツーにバービーボーイズの人を思い出す30代以上は居ねがー。「エンリケさんていま何やってんだろね」「浜崎あゆみのバックバンドでベース弾いてるぜー」「まーじでー!?」ズビロと当たってひとつ賢くなりました。…閑話休題!試合だ試合。
こないだの試合は等々力で、視界即ちピッチレベルだったのであまり気付かなかったが、いつもの清五郎のNバック寄りで試合を観ると、ディフェンス時のマークの受け渡しってこうなってるのか!隊長(本家中山隊長じゃなくて、ウチの坂本隊長)からヒロシへ、ああここで渡すんだなるほどー!ってのが急にくっきりと見えてくる。フトサルの練習で最近みっちり教わったからだ!そもそもマークの何たるかを理解せずに6年近くサカーぶろぐ書いてた自分にビックリだ!w …そう、目の前(自陣ゴール側左コーナー)でマークの受け渡しがくっきりはっきり見えるという事は、お分かりかと思うが序盤は相当押し込まれている。今まで見て見ぬフリを決め込んできたが、夏以降鉄壁のDMF~DFラインがどーーもピリッとしてないですよ。と思ったら、チヨタンが処理ミスったボールを前田(見る度にオバサン顔になっている人)にループシュート決められて失点~。あれは(ループ)来ると分かってても対応できないモンだよなぁ…。言っちゃナンだがキターノゥのポジショニングのマズさで致命傷受けるの2試合連続だよなぁ…。
だが、ここでこじ開けるチャンスも訪れずスゴスゴと勝点を献上するのが去年までのリーグ終盤のアルビ、そう簡単には折れないのが今年のアルビ。てな訳で対面ゴール前エンドラインぎりぎり(通称キショーゾーン、略してKZ)からキショーが折り返しのクロス、エジがヨシカツ様のニアをぶち抜いて決めた!同点!(詳しげに書いてるが、当然現地では何が起こったか分からずリプレイで気付いた) KZにキショーさんが入ると、どんな形でも得点のニオイが漂ってくるねぇ。

後半。冷たい雨はまだ止みそうもない。足元もぐちゃぐちゃ。どんどん体力が奪われる。ゆりっぺに至ってはウトウトしはじめる。寝るなー!寝たら死ぬぞー!
なんとかこっちも持ち直し、決定的なチャンスの数は前半より増えてきた。だ・が!ゴールに結びつかない。致命的だったシーンを2つ挙げると、まずはいーくんがどフリーで持つ→ヨシカツ様真正面→こぼれ球をマルシオが→あああああ→エジが→うわあああ(順番コレで良かったかちら)ってのと、DFライン裏に飛び出してスルーパス受けたエジ、独走態勢!→ヨシカツ様飛び出す→ぬはああああああ…っていうアレね…。ツキがなかったという見方もあろうが、なんだかんだでキレてる時のヨシカツ様はどんな体勢でも崩れないんだなと変なトコで感心。いーくんのシュートチャンスは緊張の余り膝が震えたわ。
はしょりにはしょってロスタイム。例によってほぼ応援ハイ状態。攻撃に切り替わる前から「Let's go, get goal oh!」のコールでひたすらアゲアゲ。だが、残念ながらアゲアゲムードはピッチには漂っていなかった。選手が一生懸命やってるのは当然分かっちゃいるのだが、「勝つ空気」みたいなものは満ちてこないのだ。果たしてタイムアップ。ズビロもウチもただただ雨に体力を奪われまくった試合になってしまったな…。

昇格してから(と言ってもわたくしが足繁く通い始めたのは主に昇格元年からなんだが)、秋になると毎年こういう消化不良の時期がやってくる。残留も早々に決めてモチベーションの持っていき方が難しい季節だからか。これだけ消化不良でもまだ6位に居るのは(翌日あっさり7位になった訳ですが)おかしーだろーっていうか気分的には青ヒゲ短剣ゲームみたいな、いつかババを引くんじゃないかという不安もないではないw なんだろう、シーズン前半に感じた魔法のかかったような勢いは消えてしまったんだろうか。
ただ、目指すサッカー自体はなにひとつブレてない。メンバーが入れ替わっても目指すところは変わっていない、そうわたくしは思う。それならばハラ括ってジュンジュンと心中するまでよ。残すはリーグ戦4試合。頼む、としか言いようがねえ。

モヤモヤを抱えて清五郎を後にした我等チーム新潟だが、その後に催されたとある飲み会で120%はっちゃけたので気分的にはプラマイゼロになったw(しかしアントニオ勝新は凄い。すごすぐる)

続きを読む "ザ・消化不良 フォルツァ・ニーガタ!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧