2005/12/25

お約束で「え、天皇杯ってまだやってたんスか?」

昨日のAwardsから丸二日、一緒に遊び呆けていた我等チーム新潟(そこ!イヴに女3人で何やってんだとか言わない!三十路(ミソウェイ)にもなれば潔く地味にクリスマスを過ごすのが女の心意気ってもんだろ!悔しかったら誰か紹介してみやがれ!体重制限は90kg以上だ!ばっちこーい!)。当然天皇杯クォーターファイナルも気になるのですが、磐田 v 清水(何故か丸亀で静岡ダービーふたたび)を観てるウチに「本当なら今日は家じゃなくて丸亀にいるハズだったんだよなぁ…」と思ったら無性に腹が立ったので(笑)観るのヤメました。そうだよ、Awards行って騒いで一眠りして朝イチの飛行機で行くはずだったんだよ丸亀…。

で、出かけた先の某ファミレスで、気付けばNHK-BS1の鹿島 v 大宮が流れてました。「あー、これだけ3時KOだったんだ」「まぁ…どっち勝ってもどうでもいーなぁ」「なに言ってるの、鹿島はカワイコちゃん盛り沢山よ!あっバ(新井場)だ☆バかわいい~」「ボキにはわっかりませーん。うはは本山、前髪パッツンだ」「でしょでしょ、かわいいでしょ!」「可愛いとは言ってない」「大岩、顔も怖いけど名前はもっとコワイよねー」「夏頃のエルゴラでさ、大岩と岩政が表紙で『どうした2枚岩盤!』って見出しのやつあったじゃん。岩政だったかが退場した時の。あれはなかなか玄人好みでいい写真だった」…以降、遅めの昼ゴハンを平らげて自宅並みにくつろぎながらいつものボヤキ観戦。「そういえばヒゲ(トニーニョ・セレーゾ)最後の采配かぁ」「勝ちたいだろうね」「ところでスタジアムどこだコレ。カシマ?」「…違う!仙スタだ!(一応全員行った事がある)」「あーいいねぇ仙スタ。でも死ぬほど寒いんだろうね」「気温は新潟より低いと思うぞ。風もあるし」「だからみんな手袋なのか」「あ、森田」「森田ってアルビに帰ってくんのかな」「こないんじゃない」「…背ぇ高いけど所謂電柱ではないよね。優蔵さんつーよりはY作さんタイプかも」「でも、あやつ守備しないぜ?」「あー藤本だー。なんかムカつくよなこの人」「桜井も同じ位ムカつくー」「うーん…当たるとイヤだけど普通にいい選手ではあると思うが」「ところでさっきから大宮の攻撃が上手いと思いませんか」「パスきれいに繋ぐよね」「大宮のくせに生意気だぞ(笑)」「(そうこうしてるうちに試合は動く。後半10分、大宮先制)あ…」「森田…」「森田か…」「…こりゃ戻ってこないな」「さーここから大宮ガチで守りに入りますよ~」「うん間違いない。あと30分はFW残して9バックだ(笑)」「…そろそろ鹿島は隆行さんタイムだと思わない?」「わあ得点のニオイしねえ(苦笑)」「鹿島の野沢って、ウチの大谷くんと顔の系統一緒じゃね?」「つまりは鹿島顔?」「ところでミツヲ(小笠原)はどこにいるの?さっきからぜんぜん目立ってないよ」「いやもうすぐ隆行さんタイムだから、適当なところでファウル貰ってミツヲがFKよ!」「(ゆりっぺが席を外しているウチに交替。バout隆行in)ゆりちゃーん!アナタのバに替わってアナタのノーゴール師匠登場よ!」「わははは~。うわ何このゴール臭皆無なシュート~」「ノーゴール師匠って上手い事言ったモンだよね」「これは大宮勝つかしら」「かもねー。どうせなら天皇杯取って呪いにかかってみやがれ(笑)」「つーかアルビ以外の全チームが不幸になれ☆」「ハルちゃん…」「大宮の監督(トシヤ)、ちっちゃいなー」「この人若い頃絶対麻のセーターを肩にかけてたよね」「間違いない。素足にローファーも履いてるよね」「『オヤジのお洒落はアイビー』を地でいってるよね」「好きなブランドはVANだよね(言いたい放題)」

以上、例によってのお気楽ボヤキ観戦記終了(2時間弱ファミレスに居座ってました。スミマセン>お店の人)。アントラーズは去年アルビと当たった時同様、手堅くいきつつも「ここしかない」という穴をつかれて敗戦、対する大宮は非常に「らしい」勝ち方だったように思われます(でも勝ってると露骨に時間稼ぎとかするのでイマイチ好きじゃないのだ)。なんだかんだ言って、マイチームはすっかり今季終了モードなのにヨソはまだまだ戦いが続いてるので面白くはないのですよ(笑)。

-----------------------
Awardsの途中で友人に聞かされた、きでさんサンフレ入りのニュースに我等狂喜乱舞。まさくんも甲府に決まったそうだ。岡山先輩もグラには戻らない気配濃厚とか。今日は嬉しいプレゼント盛り沢山だ。メリークリスマス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/13

笑ってさよなら フォルツァ・ニーガタ!

jubilokun
顔色が悪いのは寒いからだと思ったのでマフラーをかけてみました。現代版笠地蔵。大晦日の夜には恩返しにジュビロ君とジュビ江ちゃんがいろいろ持って来てくれるといいな。菊地くんとか菊地くんとかあと菊地くんとか。天皇杯磐田 v 新潟@ヤマスタ生観戦編。

今年のアルビの集大成がこないだのvsレッズっていうのは、いろんな意味でどうにも納得がいかなかったのだ。チームしかりゴール裏しかり、あんなもんが集大成であってたまるか。それでっていう訳でもないが磐田は前々から行くつもりだった(もっと言えば丸亀も国立も行く気満々)。そんな訳で、出掛けに慌ててゲーフラのネタを仕込んでひっさびさバス遠征。同行のミメイちゃん@熱血菊地ギャルがテンション高い高い。「磐田の菊地ギャルには負けません!ナスパワーですよ!」とかはりきってるウチは良かったが(聞き流してますた)、明けて翌日、ヤマスタ横のズビロオフィシャルショップで、周り全員ジュビサポという状況で「菊地くんは渡しませんよウフフフフ」と呟き始めた時には流石のわたくしも「オマエちょっと黙ってろ!」と大慌て(笑)なんか我等、イメージとしては船越&尾崎みたいなコンビになってないか?(勿論、今回の遠征がミメイちゃんにとって特別だったのはよーく分かってるわよ☆)

さて、時間軸をちょっと戻す。車中の朝6時、W杯06Drawのニュースで一気に目が覚める。ブラジルかよー!クロアチアかよー!オーストラリアかよー!ティム・ケイヒルmeets田中誠かよー!(意味不明) それにしたってGroup Cの即死っぷりに比べたら日本の居る組なんてまだ可愛い。SAで朝ゴハンいただいて、ウツラウツラしてるうちにバスは磐田到着。降り立っての感想、あったか~い。日陰に入れば風は冷たいが、そもそも荷物にムリヤリ詰め込んできた貼るホッカイロが全然要らない。コート着てこなくて正解。雪が降らないって素晴らしい。青空が見えるって素晴らしい。太平洋側ってスバラシイ。ビバ日光。
アウェイ側の入場列に場所を取り、なんか近くで深刻な話をしているらしきゴル裏中心部の方々を巧妙に避け(笑)スタジアム周辺をプラプラ。ショップ前でアイアン姉様に遭遇、勲の顔面コンディション(良い時はジャニーズ系、悪い時はゲフンゲフンゴホゴホ)についてしばし歓談。みんなへの土産にズビロサブレ購入。列に戻ったら後ろのお姉さんにハッピーターンをいただく。ああ、やっぱりアウェイっていいなあ。同じ濃さの人がたくさんいるってステキ。

必要以上に和んだところで入場。某友人から預かった桑様ダンマクをセットし、ゴハンたべたり密集かけられたりきでさんチャントをでっかい声あげて歌ったり、そんなこんなでキックオフ。
本日はリーグ戦とほぼ変わりない(リマはもういないんだが、SBに梅サマ。そして慎吾のところにテラで右はミヤミヤ。これは擬似4バックか?)必勝布陣。対するズビロはといえば、岡本&カレンという異様に若い2トップといつもの面々。向こうの監督さんには「外国人3人で点取って云々」とか言われてましたが、今日はブラジル人2人だゼ!ざまーみろ!(なにがだ) 序盤は比較的まったり。攻めるも攻め込まれるもだいたい同じぐらいの割合かな。エジの動きがいつもほどキレてないのが気になるが、勲は右に左によくはたくし、菊地くんは最終ラインからごんごん上がってくる。いい感じだ。専スタならではのボールの近さ、あいつ地味にいいプレイしたなーと思った時にすかさず入るコール(ゴル裏にいる人間としてはこういうのが一番気持ちいいのだ!勿論旗やゲーフラやタスキのヴィジュアル効果もそれはそれであって然るべきとは思うけど)。なんだろう、凄く楽しい。実際「ああなんか今日楽しいなあ」って何度も口走ってたもん試合中。2年前の天皇杯では完膚なきまでにJ1の厳しさを叩き込まれたズビロ相手に堂々渡り合ってる。うおーなんかクリスマスin丸亀が見えてきたぞ。もう脳裏は聖夜に一人うどんを啜る自分の姿でいっぱいだ!イエー!前半で印象強かったといえばセットプレイ時に般若の形相でウチの子(誰かは不明)を押えつける福西そして審判の観てないトコロでハギーか誰かにコブラクローをお見舞いする福西。コワイヨー。

後半。ファビに替わってY作さん。あーファビやっぱ前半でどっか痛めたか…同じく前半に結構痛んでたエジもキレはないまま。これは攻め手がなくなってきたかなぁ…とはいえ、テラも相変わらずよく走るし梅サマも太田(だったか)抑えて頑張ってる。そんな矢先の海本あんにゃ退場…。前半からよくわかんないカード切られまくってたが、今年のアルビは海本弟退場に始まり海本兄退場に終わるのか…としばし諸行無常の感に陥る。しかーし!こういうシビレる逆境になると途端に力漲るのがアルビだ!と思う(弱気)!10 menが必ずしも不利ではないのは承知の上。このへんで桑様に替わって藤井くん投入。「…藤井が入るってことは菊地くんボランチに上げるな」と呟いたら横でミメイちゃんがニヤリとしてます。勲&菊地のポップコーン正一正二作戦ふたたび。遠くのサイドで一瞬ゴールネットが揺れて倒れそうになるが、どうやらオフサイド。不安定なジャッジ(穴沢主審、今年は良くなったって噂聞いてたのに最後の最後でアナザーワールド炸裂だな)にベンチもキレ気味。ラインぎりぎりでぷりぷり怒る男前様、もっと怒ってる江尻さん。ああ胃が痛む、なんとか先制点を…。と思ったら向こうは名波投入、セットプレイで失点。あああああ。それでも讃岐うどんDEクリスマスの夢は捨てない。

胃はキリキリ胸は潰れそう、切羽詰まってはいたがその時のわたくしは内心楽しくて仕方がなかったのだ。ホーム最終戦では踏ん張りきれなかったけど、今ここに展開されているこれこそが新潟のサッカーだと。ブラジル人頼みだけじゃない、チームまとめて走って走って耐えて耐えて、胸を張って「俺達の誇り新潟!」と叫べるソレであると。だから、Y作さんが気合でゴールネットに押し込んだ後半44分、もう倒れるかと思うぐらい「ゆーさくー!ゆーさくぅー!!!」と叫びまくっていた。あんな劇的な瞬間があっていいのか!ゴール裏に向かって堂々と拳をあげるY作さん。わたくしも嬉しい。ホント嬉しい。清五郎でY作に「走れいやー飛べいやー」とヤジってたクソ親父(名指し)は今ここに来てY作の前で土下座しやがれ。イエース!!そして試合は15分ハーフの延長戦へ。

延長戦は前半も後半も押し込まれまくり。10人で耐えまくるが、平均年齢高くてもウチは耐えます走ります。しかしなんだな、スエスエの速さは実に眼福なんだが何故こうもチームプレイにフィットしないのか(苦笑/いや、このスピードならどこのチームに行っても絶対活きる時がくるはず!トライアウト頑張れ!)。もう目の前にPK戦が見えてきた延長後半10分過ぎ。目の前でノザを中心にボールを奪い合ってゴタゴタ…あ、ノザ倒れた…ゴール!?田中マコが!?何それ!!ゴル裏からは「キーパーチャージじゃねえかよ!」と声が飛ぶがわたくしから見たその瞬間は正直ビミョー…。ノザは腹を押えて倒れたまま動かないし。アルビは全員体制で抗議。食い下がる勲。荒れるゴル裏。菊地くんが線審に詰め寄る頃には「もういい菊地くん、もうやめなって!」と半泣きで叫んでいたよわたくしは(後にミメイちゃんは涙目で「菊地くんは人差し指か中指か分かんないけど立てて怒ってました。アルビ残留を確信しました…」と語っておりました)。

長めのロスタイムも空しく、1-2のまま試合終了。終わった。本当に終わっちゃったんだな。

疑惑の判定もありつつ、恒例の審判退場ブーイングもありつつ(やりたい人はやりゃいいさ。あれがゴル裏の総意とは限らない)、選手スタッフみんながゴル裏に挨拶に来たときには…個人的にですが、胸のつかえが落ちたような感じでスッキリしてました。こんなに頑張ったんだから勝たなきゃウソだ、とも思ったけど、120分たっぷりわたくしたちが観たのは、本当の意味で反町アルビ集大成だったと確信できたから。エジ&ファビが本来のキレを発揮できなくても、全員が100%「ニイガタソウル」を見せてくれた。来季もその先もアルビは大丈夫だ。これが本当に最後の「ソリマチソリマチオトコマエ」コールを叫びながら、前回の天皇杯vsザスパ戦が「史上最悪の勝ち試合」なら、今日のvsズビロは「最高の負け試合」だったなとぼんやり考える。…勝たせたかったね、本当は。知らない間に男前様涙の記者会見なぞも展開されていたとのこと。その映像は観てないのだが、あのクールにして腹黒(褒めてます)な御方が号泣か…勿論それが疑惑のジャッジに対してだけではないことはアルビサポなら皆分かっているよ。

試合終了後、中心部の呼びかけに応える形で初めての「バス囲み(という名の出待ち)」を敢行。ゴル裏の半分ぐらいは残ってたんじゃないかな。きでさんらしき人がバスに乗り込んだので全力できでさんチャントを歌ったが、どうやらそれはジェルソンコーチだったようで(笑)後ろで太鼓の方が「なんだよー木寺に流したオレの涙を返せ(笑)!」と涙目で叫んでおられました(今思えばあれが北村さんだったのか…)。ジュビサポとの菊地コール合戦なんかもありつつ、極めてピースフルにバスを見送って解散。…今年のわたくしのアウェイ参戦は6戦全敗と散々な結果でしたが、一番楽しいアウェイ遠征だったことは言うまでもありません。

はー、本当に終わっちゃったか…タイミング的にはここでアルビ05シーズン総括とかやっとくべきかとは思うが、それはまた後日(と言ってやった試しはない)。これだけは言える。今年のアルビからは、順位とか記録とか勝ち点とかそんな数字よりずっと大事なものを貰うことができた。「フットボール・イズ・ライフ」を1シーズン通して体験できた、とても幸せな10ヶ月だった。ありがとう。全てにありがとう。誰よりも男前様、5年間ありがとう。またどこかでアルビと関わってくれたらうれしいです。(そしてWelcomeジュンジュン!まだ来季への切り替えができてないのでとりあえず言葉だけでも歓迎だ!)

<今年の本間勲>
という訳で連載<今日の本間勲>もグランドフィナーレ。三歩進んで二歩下がる感じで、公約どおり勲の定点観測に費やした05シーズン。終わってみれば本当に伸びた!結局後半戦以降、中盤の底というポジションを地味にキープし続け、守備面ではものすごく気の利いたボランチと化し、気がついたら「勲がいれば安心」と思えるようになっていた。こんな言い方は失礼にあたるが、正直「嬉しい誤算」である。ポスト山口と評した男前様の目は間違ってなかった。嬉しいもんだねこういうのは。来季は復活成った優蔵さんにいいクロスばんばん上げてください。
<今日のズビロ>
代表様も多数でパス回しもお上手で、名波が出てきてからのセットプレイの威力とかスバラシイなーと素直に思いましたが、なーんかこう、いけすかねぇチームだ(笑)。あっでもヤマスタは凄く良かった!専用スタジアムの臨場感と市陸のいいムードを兼ね備えてる感じ。アウェイゴール裏もちょうどいいキャパ。日本平といいヤマスタといい、来年も来たいと思えるスタジアムがまた増えてしまったようだ。
<ズビロの35番>
あのなぁ、岡本達也ってゆったらプレイグスのベーシストだろ!途中で脱退しちゃったけど裸に革ベストで銜え煙草でライブやってて、死ぬ程かっこよかったあの人だろー!♪どーこーかにー僕等のーほんーとのー始まりーがあるハズーさーオーイェー!!(すいません、誰も知らないと思いますがわたくし元々はそういう方面のサイトやってました。このネタで反応するのはチアキング一人と思われます)
<V・F・K!V・F・K!>
ヴァンフォーレ甲府J1昇格おめでとうっ!出待ちしてる時に周りの方々が携帯でチェックしてて「うははバレーまた決めた!」「またバレー!」「またバ(略)」とか皆で大騒ぎしてました。降格決まったレイソルのPost-match reactionの腐りっぷりを見るにつけ、勝つべきチームが勝った事を他サポながら嬉しく思います。でも来季は勝ち点ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/04

それでも元旦は国立を目指す フォルツァ・ニーガタ!

神戸戦のあとしばらくニュースも新聞もファンのリアクションも視界に入れないようにして過ごし(現実逃避してたらダンマク作成がはかどるはかどる。製作のモヨウは後日別エントリにて)、気がつけば天皇杯参戦。日々のオーバーワークがたたって大幅寝坊大遅刻で清五郎に到着したら、席ガラガラ。友人連中によれば「なでしこvsアルビレディースより人いねー」「大連戦だってもっと入ってたー」…おかしいな、天皇杯って日本最古のカップ戦じゃないの?イングランドで言えばFA cupじゃないの?という訳で新潟 v 草津生観戦編。因みに入場者数は10000人ちょっと。

天皇杯初戦の相手がザスパと聞いて、J2最下位じゃーん楽勝じゃーんと不遜な事を思うより前に、一体これは何のネタフリだろうかと不安になったわたくしがいる。去年はジャイアントキリング多かったし、なにせヴィッセルとだって互角に闘っちゃう我等がアルビだしな…さて、ザスパ。鳴り物入りでJ2参戦したもののチームも苦戦、会社も何かと大変らしく現実のキビシさを味わっておられることとは思うが、対戦相手としてはネタ的に一番オイシイJ2チーム来た!と思っている。エンブレムがお獅子。ユニの背中スポンサーが草津温泉。湯もみ娘だって来ちゃう。でもぶっちゃけ選手は山口と小島さんしか知らない。なんにせよ、楽しみにはしてたのですよ。

リーグ戦の席取り地獄がウソのよーな閑散としたNスタンド。密集を呼びかけられていつもより中央よりに陣取る(これがいけなかった)。ザスパサポの意外に勢いのあるコール&突如現れるビッグフラッグに思わず拍手(これもいけなかった)。以下、ダルい試合の空気そのままにダルダルと箇条書き。

・いやー流石アルビだ。Fマリ相手にあれだけ粘って勝った後にヴィッセル相手に互角の戦い。勿論ザスパとだって互角いやそれ以下だ。相手に合わせたゲームメイク可能なアルビレックス新潟最高ー。な訳ねえだろ
・藤井・河原・ミヤミヤがスタメンと、若干サテ臭漂うラインナップ
・だからといってチーム全体がサテ仕様とはどういうことか。ここは五十公野か。清五郎じゃないのか
・とにかく前線に点の取れる気配皆無。河原くん1トップは普通に無茶だろう。夏前ぐらいの河原くんならもっと期待持てたんだけどなあ…
・直樹!なおきー!あのボール取られっぷりはどういうことだ、後半を待たずして視力低下か!
・今までになくJ2臭漂う、といってはJ2に失礼なダルダル展開。立ってコールする気力も萎える。
・ゴル裏も中央に近づくとヤジも汚い(今思えばあの展開ではヤジも飛ぶわなあ…)。後ろに居たお父ちゃんのやかましさに当方ブチギレ。「うるさすぎ!」と捨て台詞を残して席を立ち、そこんちの子供にガンをくれながら(笑)バック寄りの席に移動。前半終了直後の「やる気出せ!やる気出せ!」コールも納得。
・同じくバック寄りでまったり観てるRちゃん&Mちゃんの席に遊びに行く。「どうよ直樹~。前半から視力低下しちゃってるのかなあ」「勲も視力落ちてるかも…」「慎吾も…」「テラも…」そんな訳はない。
・気がついたらチーム新潟全員がいつもの場所(ややバック寄り)に席を移っていた。みんな後ろのヤジ親父にキレてたらしい。「やっぱオレらはココだよな!」「69(列)より奥は合わないよね!」
・後半。ファビ投入!夢は膨らむ。今日のリマがいまいちなのはきっとブラジル人が居ないからだ。ファビがいてくれたら少しは効率のいい攻撃が出来るんじゃないかしら☆
・予想は的中。やっぱりファビだよー、サテ臭につられることなくいつも通りに掻き回してくれるよー。
・しかしリマのやる気の無さはどうですか。言っちゃナンだがリマにボールが渡ると2プレイ分ぐらいリズムが遅れる。変にコネずにワンタッチで回せばもうちょっとさー。ボール取られた後タラタラ歩いてるしさー。ブツブツ。
・2度ほど訳のわかんないオフサイド喰らってからは、思い切りの悪かった河原くんの動きがさらに悪くなる。苦いトップチームデビューになっちゃったねえ
・永遠に動きのなさそうなゲームが動いたのは後半53分。テラがゴール前で小島さん(近くで観ると予想以上におっさん)とウダウダアワアワボールを奪い合ってるうちに、ボールはゴールラインをコロコロコロコロ…えーと今のはゴールか?ゴールかい??祝福に訪れるチームメイトから逃げるように、腰を押えてヨロヨロとピッチ外にまろび出るテラ。盛り上がりにくい試合の盛り上がりにくい先制点。とりあえず喜んどけ!
・小島さんといえば、あのフィードの距離出ないっぷり、清々しくサイドに切れっぷりには敵ながらビックリした。どうも既視感を禁じえない。きでさ…(略)
・河原くんに替わってスエスエ(ちっさいおっさん)投入。正直今日のアルビで観るべき選手はファビとスエスエぐらい、ってな位キレていた。右サイド独走ドリブル突破には胸ときめいた。誰もフォローにこないからとか言うな。今このゲームに必要なのはああいうガツガツしたプレイスタイルの選手だ。
・もっと言えば今日のゲームにリマは要らない。やる気無いんなら最初っから出なきゃいいじゃん。プンスカ。
・ロスタイム3分。アルビにとって魔の時間。それにしたってCK貰ったのにゴール前に2人だけ残して後は全員ベタ引きとは…よっぽど神戸でロスタイムにカウンター喰らったのがこたえたんだな(苦笑)
・グダグダなまま試合終了。こんなに後味の悪い勝ち試合も珍しい。
・ゴル裏からの「ザスーパくさつ!」コール、友人連中は最初「感じ悪いよねー」「俺たちJ1オマエらJ2って感じ?」と口にしていたが、そうじゃなくてコールをするに値するのがザスパぐらいしか居ないって事じゃない?と正直思った。選手がゴル裏前に挨拶にきた時もザスパコールしてたところを見ると、そういう事なんだろうな…。

ゲームに関しては「まあこういう日もあるよねー」「天皇杯初戦はこんなもんだしー(例:2年前の天皇杯高知大学戦)」「若手お試しゲームだしー」という見方もあろうが、我等サポにとって『負けてもいい試合』なんてものはないのだ。そこんとこ選手の皆さんと男前様にはよーく考えていただきたし(エラそう)。なんだかんだ言いつつも、今後のトーナメントは(仕事で行けない準決勝を除き)全部予定空けてありますから。お正月は国立で迎える気満々ですから。頼むよ!

<今日の追記>
・ザスパサポ凄いな。ちょっと浦和のパクリくさいけどまとまってるしイイ声出てた。折角のJ1チームとの対戦、こんな相手でホントすみません。コール返しまでして頂いてマジすみません…。
・今日ゴル裏で見かけたMVG(Most Valuableゲーフラ)は「岩室>草津」狭い!ネタとして狭すぎてむしろオイシイ!
・帰り、駐車場で渋滞にはまってる時にザスパサポが湯もみ板を持って歩いてるのを目撃。近くの車のアルビサポが「湯もみ板だ!湯もみ板だ!本物だ!」と全員ガン見してました。
・今日の名言@チーム新潟。「姓はファビ村、名は義男」「ファ・ビ・むら!ファ・ビ・むら!」(コレ言ってたのが試合中。真面目に観ろ>我等)「実写版ラモス」「えっ、じゃあ柏のベンチに居るラモスは?」「あーあれCG。日立電機の技術スゲェ」「『日本人ナラオチャヅケダロガー』『ばんてりんアルヨー』『きーちゃんナラ決メテタヨー』って台詞も言うよね、CGだけど」
・そゆえば試合前チアキングにMDを貰った。「ちょっとラスティックっぽいバンドなんだけどー、ハルさん気に入るかなぁと思って」「それはありがとう。早速帰りのクルマで聴いてみる。楽しみだな」帰り、カーステに突っこんで数秒。ちょっとアイリッシュパンクっぽいイントロに続いて聞こえてきたのが「ヴァ~モス、ト~キョ~!」だった時の脱力感とゆったら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)