2005/06/17

鶴折ってた間もスパーズ動き無し

従来あまりアクセス数とか気にする事のないわたくしですが、船鶴がきっかけなのか何なのか、どうやら最近いくつかのサカー系アンテナサイトに当ぶろぐがアルビ系サイトとして登録されているみたいでお客様が急増しています。こんなロクでもないぶろぐに目をお通しいただき、本当にありがとうございます。
では本日はそんな皆様のニーズを綺麗サッパリ無視して、何事もなかったようにわたくしだけが楽しいスパーズネタいきますよ。すいません、元々フェアプレイはプレミアヲタサイトだったもので…。

ー--------------------
そんな訳で、鶴折ってる間に色々なことがあったよななかったよな。
・UEFA杯フェアプレイ枠は見事落選。まー仕方ない、実力で7位行けなかった時点で半分諦めてたから。来シーズンはUEFA圏なんてケチくさいことは言わずCL圏も狙いましょう。なにせ代表様(ロボ・キング・デフォ・キャリック)多数のクラブなんですから。代表様と力説すればするほどショボくさいのは何故だ。ポジション的に全員加地くんと同じニオイがするからか。
フランク・アルネセンお前もか。思えば去年ヨルヨルと共にSporting directorとしてスパーズにやってきて、暫定狸オヤジ(プリート)を追い出し欧州系のイキのいい人々をお買い上げ、までは大変良い仕事だったのだが…チェルスキーですかそうですか。そらキャリアアップは大事ですもんねお金だってたくさん欲しいもんね。行ったらよろしいがな。(ニュース見た時は卒倒しそうだったが、ヨルヨルさえ残れば個人的にはなんでもいい。なんだかんだ言ってスパーズの監督としては信頼してる部類に入るので) しかしチェルスキ、とことんまで腹黒いな。
・そのヨルヨルとは「モメてないYO!超うまくやってるYO!」と言い張るロビ。でもそのちょっと前にはストラカンいいなあ、などとセルティックへの興味を示唆する発言もしてたりするので油断は禁物だ。
・大分古い話になるが(そしてリンクも探せないが)、愛しのサイモン・デイヴィスがエヴァトンに行ってしまわれた(泣)。最早3年前のスタメンでキング以外誰が残ってるんだ状態ですよどうなのよそれ。
・それはそうとして、WBAふぜいが僕等のカヌーテ様をこんなタバコ銭程度でお買い上げとは一千万年早いわ。実はロビ以上に今後の雲行きが怪しいカヌーテ様だが、ロビともデフォたんともそこそこ相性のいい彼がいなくなると何かと困るのだ。あと個人的にミドはどうでもいい。

------------------
プレミア名物忘れた頃に性犯罪。つくづく思うが、こういうフトボルだけが取りえの頭足りない若者に大金持たせておだてあげてちゃダメだよな。そもそもファン・ペルシー、前にも軽くやらかしてるし(しかもその時の通訳はベルカンプ様)。ガナっ子なので殊更言い方が冷たいと思われるとアレなんだが、いくら人気フットボーラーといえど反省しない奴は全然しないから。ベラミーちゃんとかボウヤーとかペナントとかね。プレミアシップの素行悪い人を見ているとコンサドーレ札幌なんて超健全なチームに思えてきますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/02

ネタとしてプレミア04-05を振り返る

船越の事がなければもうちょっと早くネタにするつもりだったのですが…

-----------------
UK随一のネタ系フトボルニュースサイトFootball365。去年のEnd of Season Awardsが死ぬ程面白かったので今年もやるのかなーと何気なしに覗いたらパワーアップしてやがるその1その2その3)。チェルスキ独走に終わった、面白いか面白くないかで言えば後者かなーという展開だった04-05シーズンでしたが、こうして振り返るとネタ満載でしたな。個人的には、イケてないファッション賞次点に輝いたパレスのトレパン(あれよりイケてない奴は誰かと思ったらリーセとロベールでした。あれはファッションというよりは…)、ガッカリmoment賞次点の「主審がマイク・ライリーだった時」(プレミアシップの岡田正義と考えていただければ目安になります)、サプライズ賞次点の「クラウチが役に立っている!」…あたりが面白かったかなあ。ついでにピーター・シュマイケルの解説@BBCはどうもダメらしい、という事実も判明しました(笑)。
因みに我等がスパーズのノミネートは「監督就任・オブ・ザ・シーズン(但し悪い方)」と「エル・ハッジ・ディウフ賞」。可哀想なメンデスのノーゴール事件@Old traffordは2件ノミネート。ネタだけか!ネタだけなのか今年のスパーズ!

-------------------
イングランドのUSA巡業ツアーでキャリックちゃんが大活躍とか、ロビはどこへ行くんだろう…とか他にも色々ネタはありますが、とりあえず鶴折らなあかんねんって事で今日はこのへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/17

...and it's all over!

シーズン最後のプレミアハイライトナナメヨミ。何度見てもWBA残留決定の瞬間は泣けるなあ…縁もゆかりもないチームの勝利でここまで涙目になったのは去年のふろん太昇格FLASH以来だ。さて、ボトム4の死闘の陰で粛々と執り行われていた他のゲームについて。

スパーズ v ブラックバーンローヴァーズ。ハイライト観る限りのゴールの臭いはむしろスパーズに多くあった気がするんだけどナンにせよ点取れてなきゃUEFA圏も何もあったもんじゃないな…ロビのゴール前キープ→脱出→左足シュート!(でも清々しく外れたし!)はそれなりに眼福でしたが何にせよ点取れ(略) …WHLでのロビが見れるのも、もしかするとこれが最後かもな。何気にかなり涙目。

ところで結局スパーズが一切絡めなかった最後のUEFA圏争奪戦マンチェスターシティ v ミドルスブラ、かなり凄い展開になってたんですね。ジェームズがフィールドプレイヤーとして出てたのには爆笑しましたが、そのジェームズが同点で迎えたロスタイムにハンドのアピールで見事PKゲット!蹴るのはこの人ロビーファウラー!…止められてやんのー(驚愕)!なんでSWPあたりに蹴らせとかないんだ。そんな訳でボロが大手を振ってヨーロッパ進出。つまんねえなー。

後はシセ@リバポがまた面白い髪型になってたり、ガナがさりげなく負けてたり色々でしたが今シーズンも終了…しかしなんだな、BIG3(チェル、ガナ、まんゆ)の為にあるシーズンって感じで緊張感には欠けたなー…スパーズは中途半端に夢見させてくれてアリガトウってトコロか(笑)降格ゾーン見え隠れとかじゃないだけまだマシですが、多分来シーズンはもうちょっと締まると思うよ、中盤のプレイヤーがキャリックちゃんを筆頭にいい感じに若返ったし(その殆どがヨソ様からのいただきものってのはどうかなー。生え抜きってことでマーニーちゃんとケリーたんに期待)。ロビは…居て欲しいなあ…今言えるのはそれだけだ。なにせロビヲタだから、たとえスパーズに残ってくれたとしても今シーズン後半みたいに楽しくなさそうな顔ばっかり見るのはツライのだよ。

----------------
週末は日本代表の皆様が新潟でフレンドリーマッチ!ということで、ツネ様(とガチャ)がスターオーラを撒き散らしながら新潟空港に降り立った写真が夕刊に出てました。普通にガンバがアウェイで新潟来ても「ふーんガンバかーまた大黒にやられないといいなー」ぐらいにしか思いませんが、代表様ご降臨と言われるとグルーピーよろしく観に行ってキャーキャー言わなきゃいけない気がするのは何故だ(笑)。因みにツネ様、前に代表で新潟来た時にはスーパー銭湯(多分ホンマ健康ランド)で地元のおばちゃんにアルビの選手と間違われたらしい(参照)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/16

プレミアシップ最後の日、Hawthonsは大騒ぎ

という訳で、プレミアシップ04-05ファイナルデイ。
頼みのスパーズが何度リロードしても点が取れてない(取られてもいないが)…UEFA行きはボロですかそうですか…おめでとうございます…ハァ。気持ちを切り替えまして、最終日は凄絶四つ巴relegation crushにスポットを当てたいと思います。

本日のメインイヴェントはサウザンプトン v マンチェスターユナイテッドウェストブロミッジアルビオン v ポーツマスフラム v ノリッジチャールトン v クリスタルパレス。恐ろしい事にボトム4全てのチームに残留の目アリ。しかし残留の椅子は1個きり、少しでも計算が狂えばハイ、サヨーナラーという状況である。最初はノリッジとセインツの両試合ザッピングで観ようと思ってましたが、気がついたらセインツの試合に夢中になってました。一番残留の目がありそうだったし。まんゆ的には非常~にやりづらそうなこの試合、お約束どおりセインツのCKにキャロルの見事なキャッチングミスとオシェイのナイスアシストで労せずしてセインツ先制。こういう時だけ空気読むじゃねえかキャロルよ(笑)。しかしセインツの問題は、OGでしか点取れる気配のない攻撃陣(つかオーメロッドはいつの間に帰ってきてたんだ)と清々しいほどの面白守備にある気が…。案の定オシェイが帳尻合わせてきました(オシェイのロングパスを真ん中で受けたフレッチャー、そのままビューティフルゴール!)。それでもまあ、前半の時点ではセインツが残留に王手。他会場の途中経過をチェックするのに忙しくて試合どころじゃないセインツサポの姿もぽつぽつカメラに抜かれる。どうなるセインツ。ニエミ売らないで済むのかセインツ。かたやノリッジはチャンネル替えるたびに点差広がってる…もう見てられん。さよならカナリーズ。04-05シーズンに爽やかな一陣の風をありがとう(早っ!)。WBA、パレスは動き無し。
後半開始。さっきまで清々しいほど消えていたルート・ファン・馬テルローイのごっつぁんゴールにてまんゆ逆転。空気読まない元王者の意地か。慌ててBBCのTable確認&星計算。このままセインツ負けるとどうなるんだ?ノリッジはありえないとしてWBAは?パレスは?異様に興奮気味の現地コメンタリがヨソの状況を逐一報告。WBA先制?パレスがAJのペナルティで逆転!?なになに、一体どうなるのよコレ!ヤケクソを通り越して力強く響くセインツサポの「Saints go marchin' in」のchant。ロスタイムまで気は抜けない。
…4分という長めのロスタイムもまるで活かせず、ついにセインツ敗戦&さようなら27年間のトップリーグ生活。2年前のビーティが恐ろしいほど輝いていたあの好チームも、夏からはChampionshipか…なにかと複雑だなあ(や、スパーズはセインツにはここ数年結構こてんぱんにヤラれていたのでね。あまつさえ今年も負けている)。パパレドナップ様おつかれでした。一昨年ハマーズが降格した時も思ったけど、縁もゆかりもないチームとはいえこういうシーンを見るのは物悲しいな。

…そして最後に笑うのはどこかというと。
セインツの中継がブチ切られて大慌てでチャンネルを替えるわたくし。そこに見えたのは2-0で快勝のWBAのプレイヤー、スタッフ、スタンドのファン達が気忙しげに携帯&ラジオに耳を傾ける姿。そしてスタジアムに響くアナウンス――WBAプレミア残留!うおおおお、WBAがクリスマス最下位の呪いにかかってた時点で誰がこの結果を予想しえたか。その瞬間、Hawthonsのスタンドからはファンの皆様が後から後からピッチに駆け下り、最終的にはAIR JAM99の千葉マリンスタジアム並にピッチが人で埋め尽くされておりました(←人を選ぶ比喩表現再び)こりゃ警備員いてもいなくても同じだな。あーららいいのかよコレ…と思ってましたが、本日の勝利の立役者・ホースフィールドやキーラン・リチャードソン(あら、まんゆの子だよね彼)が超笑顔でファンにもみくちゃにされてるのを見たら「まあいいかな…」という気にもなりました。個人的には別に残る必要ねえよなWBA(ファンの人&稲本好きな人ごめんなさい)って感じだったんだけど、チェルスキ優勝時の軽く1000倍は盛り上がってる彼等を見たら、その健闘を讃える他に何が出来ようか。おめでとう。残留決定の瞬間から中継終わるまで笑いっぱなしで観させていただきました。ピッチ上に飛び出したイナモトユニのお嬢さん(現地っ子)、ドレッシングルームでのシャンペンシャワーにさりげなく混ざるマスコット(スズメ怪人)、ゲーム落としたのに何故かWBAサポと一緒になって盛り上がるポンピーサポ(…ハッ!よもやlocal rivalセインツの降格を祝っていたのでは(笑)!?)でもまあ正直な話、こんな崖っぷちはそうそう体験できるもんじゃないといっても二度とはゴメンだろうね…。残ったからには頑張れよ、WBA。

おまけ。ゴードン・ストラカン談「今までロボ(※Bryan Robson)にブーイングしてたWBAファンの皆さんは土下座して詫びるといいですよ」。都並や長谷川健太を闇雲に批判してるベガサポとかエスパサポの人も読むといいですよ(って何様だ自分)。最後の2パラグラフで挙げてる降格3チームの問題点(パレス:AJ以外に点獲れる気配ナシ、等)は実にその通りですね。
他のゲームはハイライトにて。…ああ、スパーズ…フェアプレー枠でもいいからUEFA杯出れねえかなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/15

The last relegation battle

昨日あれだけぷりぷり怒っていたファッキンレフェリー@清五郎の件ですが、案の定1晩明けたらどうでもいーやぁーという気持ちになっております(笑)。長いリーグ戦こういう試合もたまにはあるじゃろ。男前様は以前「審判も海外基準になってくれないと」的なコメントをされていましたが、プレミアとてコレをノーゴールにしちゃうレフも居る訳で(わたくしは割と根に持つ方だ)。あれがゴールと認められていれば今頃スパーズはUEFA圏決定で楽々消化試合してるはずだったのに…。ハナシ逸れたな。

さて、今週ついにファイナルマッチのプレミアシップ04-05。スカパが空気を読んで残留争いチームに絞って中継することになりました。どこを見ても心臓に悪そうですが、Livescoreのスパーズ v ローヴァーズ(3年連続ぐらい最終戦で当たってねえか、この2チーム)を涙目でリロードしながらrelegation crushをザッピングです。うわ、セインツ1点リード!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/13

いつも心にエヴァートン

最早順位も固定、CL圏確保の余裕な2チームによるミッドウィークの消化試合アーセナル v エヴァートン。いや消化試合だからって7点は取られすぎだろ7点は!>えばとん 数字上では2位と4位のゲームだというのに何だこの締まらない結果は。(まあ、ベルカンプ様大活躍だったらしいので、しょうがないわよねえ) 今季のアルビちゃんはアウェイで4失点とか5失点とかフツーにやらかしてますが、今後もしそんなゲームを目にしてツライ気持ちになることがあったら、エヴァトンを思い出して生きる希望を見出す事にします(笑)。

---------------
イングランドのオフシーズン営業巡業フレンドリー、Squad出ました。BBCもビックリしてるしイングランド国民もビックリしてると思うがピーター・身長2m・クラウチが代表入り!オラもビックリ!他にもSWPにAJに、アップソンとかうちのキャリックちゃん(!!)とか「一度代表で試してもらえないかなー」という面々がこぞって入ってるのが嬉しいところですが、まあ大方の予想通りBIG3の人気者ちゃん達がサボリだからです(笑)。
…つかヨソの国の代表はイイよなー、下位チームでも傑出した才能があればきっちり拾い上げてチャンスを与える仕組みが生きてるんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/10

5月は常に殴り合いラウンドのプレミアハイライト斜め読み

♪かんぴよーねかんぴよーねおーれーおーれーおーれー。チェルシー v チャールトンはゲーム自体はインチキPKでチェルスキが勝たせてもらっちゃいました☆な感じで胡散臭かったが、きっと夏からはココに居ないであろうクディチーニの朗らかな笑顔見てたら「ま、いっかー」という気にもなってきた。(すいませんね、02シーズンから観てる者にとってはクディチーニが居てゾラ先生が居るチェルシーが記憶の中で一番美しいチェルシーなのよ)さて焦点は優勝以外の殴り合いラウンドのみとなった最終節直前のナナメヨミ。

まずは崖っぷち直接対決、クリスタルパレス v サウザンプトン。うわー。うわー。結果は知っていたがなんちゅうゲームだ…。残留争いでここまで壮絶な殴り合い(ソロンドとクラウチは本当に殴り合ってましたが。つか身長2mよ、この正念場に乱闘で赤喰らってる場合じゃねえだろバカモノ)に展開するとは。驚いたのが、シーズン序盤は見るからに可愛そうなチームだったパレスが、非常にビューチフルなシュートで(ちゃんと流れの中から)得点していたこと。正直AJぐらいしか注目してなかったのでビックリだ。かたやノリッジ v バーミンガムはといえばこれもまたエライことに。ってかモリソン運なさすぎ(笑)。マンチェスターユナイテッド v ウェストブロム…うわーこれはWBA頑張りましたってよりはまんゆが何やってんだかって話だよな…。しっかしマジでどうなるんだこの崖っぷち4チームは。

次、UEFA圏争い。ミドルスブラ v スパーズ…これはなんだな、短いハイライトで言い切るのもなんだけどスパーズ手も足も出てないな…。ロボの代打で初スタメンとなったGKチェルニーは十分頑張ってたと思うけど…。ついでに言えばロビの後半のアレ、GK真正面でさえなければビューチフルボレー!だったのになあ…。ハア。悲しいよ。まだ諦めちゃいませんけどね! 前述のアストンヴィラ v マンチェスターシティ、前半のSWPの美しいシュート(とヴィラ全体に漂うやる気のなさ)に途中で観るのヤメましたが、後半はそこそこイイ勝負になってたのね。

他。エヴァートン v ニューカッスル。マグはもうダメだあ…ヴィラもびっくりのチーム全体に漂うやる気のなさ、可愛いケイヒルの後頭部はっ倒して赤退場byアメオビとか、グダグダであります。ぶっちゃけダイヤーvsボウヤーの殴り合いから全ての歯車が狂ってるとしか思えん。慰めはこれがおとうさんラストシーズンにならずに済んだことだけか。早くスー様と決別した方がいいよマジで。

-----------------
今月は新潟にジーコジャパンさんがやってくるそうで、コレがそのメンツ。折角の代表様なのにありがたがれなくて申し訳ないわたくしですが、小野ちんが来なくてもナカータさんが微妙でも、ノビー・ソラーノ@ペルーが来てくれたら泣いて喜びます。南米で最も柳葉敏郎に近い男。(すみません、例によってソラーノ以外のペルー代表誰も知りません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/08

首の皮一枚ってか、蜘蛛の糸より細い希望

ミドルスブラ v スパーズ

ああああああああああ
ああああああああああ

昨日は鬼の形相でLive textをリロード(その傍らでコレを観ており、ヴィラのふがいなさに激怒。モチベーションのなくなったチームってこうなるのか、という事を再認識。つかシティがここまで追い上げてきてるとは…)、「頼むーデフォたんでもアンディでもミドでも誰でもいいよお、スパーズを今年こそヨーロッパに連れてってよおおおお」と泣き入っておりました。…いや、可能性としてUEFA圏(7位)が消えた訳じゃないんだよね、来週ボロとシティの直接対決でシティが1点差ぐらいでしぶーく勝って、スパーズが4-1ぐらいで華々しく勝てば計算上は7位なのよ。こうなったら賭けるよ、1ミクロンの希望に。試合についてはハイライト観てから。

そんな事より残留争いがエライ事に。1試合を残して未だに降格も残留も決まってないチームが4つ(Table)…これは一体どういう事か。言い換えればどのチームもToo good to loseという事か…(個人的にはノリッジとセインツはどっちも来年プレミアで観たいんだよ。無理は承知で)。勿論スカパは空気読んでくれるよね、少なくともUEFA圏争いと残留争いのゲームは中継するよね?この期に及んでチェルスキまんゆガナ独占放送って事はないわよねえ?(あ、いけねCL圏争い忘れてた。わたくしはエヴァトンに行って頂くのが筋ってもんだろ派だ)

降格があれば昇格もある訳で、ひとまずウィガンが自動昇格決定。イプスウィッチが来ると面白いなーと思ってましたがダメでしたか。そしてChampionshipのTable。うわー、ラムズが来てる来てる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/01

50年ぶりの優勝だそうだスキー

久々にY子りんと真夜中プレミア鑑賞会開催。ボルトン v チェルシー@イヴァン・カンポ・スタジアム(そういえばカンポちゃん最近久しく姿を見ないなあ)。チェルスキーが今週自力で優勝が決められそうなのも全てはスパーズのお陰ですよ(泣)

ダフちゃんが持病のハム(シーズン終盤のハム休暇は仕様です<ダフ)、ロッベンが何やらCLの時にダダをこねたとかで2人揃ってサブにもいない。両ウィングはチアゴと8649(ヤロシク。船越と身長一緒)といういかにも弱そうなチェルスキー…この時点で萎えましたが、もうチェルスキーの攻撃ちぐはぐっぷりに萎える萎える…。パスミスは多いしそもそもサイドに渡ってもまるで期待が持てないしドログバ&グジョンセンの2トップはグジョが上野Y作化してるなという事実を確認できたのみ。ボルトンが普通に良かったと言うべきか(ってか、イエロさん生き生きしすぎ)。頼みのセットプレイも冴えないとあって、Y子りんとの間には「こりゃ今日優勝決まらんね」「ガナが負ければいいんだっけ?」「無理無理、ガナ今度WBAとだし」というもうどうでもいいやあムードが漂ってまいります。そもそも眠いんだよ2人とも明日予定あるんだよ。ダレまくる真夜中鑑賞会。早くジョーコール出ねえかなあ。
それにしてもヤロシクの役に立ってなさといったら目を被うばかり。高木琢也にすら「…先発を任せられる選手じゃないですね」と断言されてますし。スタンド観戦中のロッベン&ダフちゃまがカメラに抜かれ「なんでアンタらピッチに居ないんだよ~」「ってかダフの私服が私服以下だよ~」と嘆いてみたり。かたやボルトンはあと決定力だけあれば(そしてディウフがやらかさなければ)いけるかも?という感じ。流石のチェルスキも打つ手ないかな…と思ってましたが、忘れてましたこういう時の飛び道具を。ダレダレな僕等の目を一気に覚ましたのは、強引にDFをぶっちぎり、ここしかないっていうニアサイドにものすげえピンポイントでシュートを食らわしたフランク・ランパード!ヤバいほど素敵。僕らあの一瞬だけ恋に落ちたね。Shot it like LAMPS(邦題:ランパードに恋して)。カウンターでGKかわして落ち着いて決めた2点目もビューティフルだったわ…なんというか、こういう大一番に、油様以降の金満補強ではないポイントでチームに加わったプレイヤーが決めるってトコロがチェルスキの凄いところだよな、と素直に思った。とりあえず2年連続でプレミア優勝決定の瞬間を見届けた訳ですが(一瞬去年の殺伐ノースロンドンダービー@WHLを思い出しちと不機嫌に…)まあマイチームじゃなくとも長いシーズンの最後の最後にこういう良い光景を観れるのはいいもんだね。「優勝っていいもんだね…」「てか勝つってスバラシイよね…」「点取れること自体が羨ましいよ…」と、気がつけば恒例アルビサポ&レッズサポ反省会になっている僕等でありました。

その他プレミア。生き残りデスマッチサウザンプトン v ノリッジはなんか壮絶な事に…。リバプール v ミドルスブラ、スパーズのUEFA圏ライバルが適当に潰しあってくれて助かったよなそうでないよな(つかジェラードのミドルが凄すぎです)。ニューカッスルはもうダメだあ…。そしてChampionshipはサンダーランドが優勝決まってあとは二位&プレイオフが焦点。イプスウィッチが追い上げてる!こりゃ自動昇格いくかも。そして森はDiv1落ち…2度も欧州の頂点に立ったクラブがねえ。栄枯盛衰の理なりよ。

----------------
実家に帰らせていただきますので今日のヴィラ v スパーズもサンフレ v アルビも観れません。4日のvs川崎@清五郎までには戻りますが、それまでにはちょっと上向くといいねえ、スパーズもアルビも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/28

退かぬ、媚びぬ、省みぬ(ある意味)

最近スコティッシュプレミアも観てないんだが、UK一の殺伐ダービー(宗教対決の一面もあるからシャレにならんのよね、グラスゴーは)でベラミーちゃん(マグから絶賛厄介払い中)がゴル決めて喜びすぎてカード喰らって怪我して退場して大騒ぎだったそうな…こりゃ録画観るしかないか。さてそんなベラミーちゃんですがわたくしは未だにマグに戻ってこないかなあと蜘蛛の糸より細い希望を抱いてたんですが、スー様はともかくおとうさんにここまで清々しく喧嘩売っちゃアウトだろーよ(苦笑)。一体どれほどのinsulting textだったのかと思ってたら某サイトさんで内容が明らかに。想像以上ですた。Tynesideの神によくこんなもん送れたよな…自ら退路を断つってのはこういう事を言うのか。おばかちゃん。(つか何でおとーさんに個人的に送ったテキストの内容が漏れたのかそっちの方が知りたいよ)

-----------------
明日のアルビはナイトゲーム。職場には恐らく午後位から仕事が手につかない人が数人居るに違いないがわたくしもその一人。清五郎の平日ナイトゲームには良い思い出がありません(あれもvsエスパルスだったな)が、ともかく気合入れていきます。今回はエスパサポのグリコにつられないようにしよう。♪オーレーオーレーオレオレッ(もう釣られてる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)