2008/03/23

全力で何かから逃避してる事にお気づきだろうか

私事で恐縮ですが年度末にさしかかり仕事も忙しくなってきております。そもそも頻繁でない更新頻度が更に落ちる事,ご容赦願います。木曜のナビ初戦をスルーしてるのも現実逃避ではなく多忙の為とお察しいただければ幸いです。(犬宮さんに他意はありませんよ!)

友人知人が各々ハードコアな手段で大分に集っていた週末,わたくしはといえば自宅で持ち帰り仕事をしたりしなかったり。適当に飽きてきた本日午後は,ひきこもり系サカヲタ至福の時間,スカパDEJ2三本立て耐久ウォッチングに挑戦です。まずは1時KOの熊本 v 湘南@KKウィング。ロアッソの試合観るのは初めてではないのだが,やっぱり赤地に白抜き文字の胸スポ「武者がえし」のカッコ良さは只者ではないな!そこかよ!ゴメンこれ流し見だったので試合内容はパスで。次,2時KO愛媛 v 草津@ニンスタ(ニンジニアって企業としてかわいすぎるネーミングだな)途中から。同点ゴールがふぢいくんハアト((c)poohさん),決勝ゴールが氏原(ちょっとごっつぁん気味),秋葉さんやあおのんのんの姿も見えたりしてミョーーーに既視感のある対戦でした。スカパのアナさんが「いやー,盛り上がりましたね温泉ダービー!」「今シーズンの温泉ダービー初戦はザスパ草津が制しました!」と温泉ダービーを大プッシュしていたが言えばいいってモンじゃないと思う。ウジハラゴールの歌は健在で微笑ましいばかり。流れで最後,広島 v 水戸@ビッグアーチは今日も雨。これが猛烈面白かった!水戸ちゃんも気になるし木寺さん(開幕からスタメン張ってます!ムヒョー!)も気になるで,どっちに肩入れしていいか分からない。前半終了間際に高萩が退場,更には後半開始直後にストやんがペナ内ハンドで一発退場(&西野PK決める)で,広島いきなしフィールド8人という超逆境(後で知ったが,主審のktmr…じゃないや北村さんって結構J2では悪名高い方なのね)。ところが広島には久保という反則級の秘密兵器が。目にも鮮やかなカウンターで同点弾。どっこい生きてるホーリーホック,赤星ゴールで勝ち越し。ウヒョー,去年の水戸でこんな美しい攻撃観た事ないよ。荒田とか堀とか新戦力もイイし,やっべー水戸今年昇格すんじゃね!?ぐらいの個人的盛り上がり。広島は既に2人足りてない訳で,これは水戸ちゃん大金星近づいてまいりました。ドキドキウズウズしながらロスタイムの4分を眺める。あと1プレイで笛が鳴るってタイミングの広島CK,遠目から撃った森脇のシュートがネットにどーん。同点。はしゃぐ広島。ピッチに倒れる水戸ちゃん。雨中の死闘は明暗くっきりのドロー。いやーイイもん観たわぁ。きでさんフィードがラインを割らなくなってて「人生日々成長だな」とシミジミしました。

…などと,久々に勝敗のかからない呑気なTV観戦を満喫して「いやーサッカーって面白いモノですね!」なんて感想を抱いてみたり。何かの話題から全力で逆方向に逃げてるように見えるが気のせいだ(あと仕事からも逃げている)。大分に居るらしきヨパライの方々からナゾの電話がきたりもしたが,きっとただの九州湯けむりグルメツアーでハメを外してるだけなんだそうなんだ。みちのくグルメツアーの件予算の都合上ソフトボール大会に…って何のネタだっけ。そうだ電気グルーヴだ。うわー逃げてるなぁ自分。全力で。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/07/11

雨宿りは優蔵さんの下で

先週からサカマガが全然店頭に並んでない。今週もアトムたんピンで表紙という(新潟の)一大事の為、発売日だというのにどこを回っても見当たらない。もしやアトム表紙のサカマガって都市伝説?ていうか発禁!?とすら思ってたが、諦めかけて近所のコンビニに寄ったら一冊だけ残ってた。微妙に手垢ついてたがきっちりゲットしたぜー。さあ内容はあとでじっくり読むとして、優蔵さんでも観察するか。中断期間も至福のミッドウィーク。J2仙台 v 東京V@やっぱりそっちも雨かい仙スタ、スカパ観戦編。なんか前にも仙スタ…じゃないや、ユアスタの試合スカパで見てリアルタイムテキストやんなかったっけ?ということはもう第3クール?早いなあ、J2…。

・TVをつけたのは前半30分過ぎ。既にヴェルディが1点リード
・最初に目に入ったのはヴェルディ冨澤のブルマ(状態のハーパン)から覗く魅惑の太腿。次はベガ仙の、スキマスイッチのVoみたいな髪型の外人(ジョニウソン)。優蔵さんはどこだー。スタメンのはずの優蔵さんはー。いた!デカいなー!
・他にも海本のこーちゃんにハルたん(大野)(くどいようだが優蔵さんが彼を呼ぶ時はきっと「ハル」に違いない。うほほうほほほh)にと気になる選手目白押しの今日のヴェルディ。居る人をチェックしてる間に前半が終わる。ハギーは途中交替か…どこか痛めたのかな。心配
・ハーフタイッム。得点シーンはハイライトにて確認。服部のクロスから優蔵さんを囮にして(←ここ重要、超重要)飛び込んだフッキがゴールゲット。解説さんが優蔵さんのオフザボールの動きと存在感を褒めている。「ヴェルディにとってはこの、前線に居る194cmの船越はいい目印になりますね」ああもっと言ってもっとホメてホメて!(その褒め方がNEXT21とかレインボータワーとかに近い、ランドマーク系の褒め言葉なのはちと気になるが)
・続・ハーフタイッム。雨の中けなげにピッチレポートを繰り広げるお姉さんにマジックハンドでちょっかいを出し、ビニル傘を破壊し、ピッチにぽいっと投げ捨て、しまいにはカメラに向かって変な舞を舞うベガッ太さんがいくらなんでもステキすぎる
・「海本とは逆に、服部はバランスとって上手にあがっていきますね~」うひーん、服部ホメるのはいいがよりによってこーちゃんを引き合いに出さないでくれ~
・ハルたんがファウル奪ってFKゲット。「(ベガ仙の)壁の中に船越が入っていますね」ぶははホントだ。実にシュールな絵ヅラだ。おかげでフッキのFKはゴールマウス遥か上へ
・萬代くんoutリャンヨンギin。なんで雨に濡れた萬代くんはあんなに死にそうな顔をしているのか?
・ディエゴを狙ったと思しきフッキのクロスが何故か優蔵さんの前に!シュートがこぼれた!ディエゴが押し込んでゴ…オフサイド
・優蔵さん、なにげに目印役だけでなく守備も頑張ってる。前線はブラジウ人2人に任せられるってのもあるが、かなり下がってプレスかけてくる。普通にボール持ってると194cmの人が凄い勢いで近づいているのだ。これは相手チームにとっちゃ怖い。フットサルやっててパス受けたら相手チームの190くんがどこからともなく走ってきた時のあの恐怖そのものだ。そのまんまやん!
・62分、優蔵さんout広山in。さほど不満そうでもなく下がっていく優蔵さん。しかもピッチに残る仲間達に、コブシをふりあげ厳しい顔で気合を入れて。うわーーーかっこええええーーーー(悶絶)優蔵さんのこういうトコ、ほんと大好きだ。一緒に戦える緑サポはさぞ幸せなんだろうなあ…
・直後、入ったばかりの広山がキレイにゴール前にクロス、ノーマークのディエゴがアタマで押し込み追加点
さー優蔵さんも下がったし晩ゴハンでも作ってくっか
・ゴハンできてTVの前に戻ってきたらヴェルディのリードはいつの間にか3点に。こーちゃんのユニが破けてて脇腹チラ見せどころかモロ見せ。セクスィー☆
・78分、服部のトラップミスをベガ菅井がめざとく拾い、そのまま弾丸ゴール。わかんなくなってきたな
・その後ベガ仙果敢に攻めるもヴェルディ守備陣やクロスバー選手の活躍で凌ぎ、ロスタイムにはフッキがハットトリックとなる4点目を挙げてヴェルディ勝利。お気づきかと思うが、優蔵さんが引っ込んでからものすごく大雑把にしか観てない
・しかしあれだな。ホームでこういう負け方すると選手もサポもキツいよな。わかるわかる。超わかる>ベガ仙
・そんなしおしおのベガ仙選手団と一緒にメインスタンド前に整列し、深々と頭を下げるベガッ太さん。いさぎよし。なんか「マスコットだってチームと一緒に闘ってるんです」を体現してる感じでちょっといいな。見直したぞベガッ太さん

-------------------
今シーズンは(優蔵さん観察という目的で)スカパでJ2のゲーム観る機会が比較的多いんだが、あれはやっぱり最後まで何が起こるか分かんないリーグだ。序盤はヴェルディとベガ仙で固いかな?と思ってたら、いつの間にやら山形が上がっては落ち、気がつけば今は札幌が独走状態。あと水戸ちゃんの調子が上がってこない(泣)。これがねー、きっと第3クールでまた順位大幅に入れ替わるんだよ(と、ユキ姉を何気に脅してみるw)。アルビを見始めたのが03シーズンからというニワカ者のわたくしにとって、最初に体験したシーズンが阿鼻叫喚の新潟川崎広島三つ巴展開だったのは強烈だったが、考えてみたらそれ以前から観てた方々は、あのジェットコースターライドさながらのJ2のシーズンを3~4年は余計に体験してる訳だ。J2に戻りたいとは思わないが、素直にうらやましいなあ…(まあその間サカーに見向きもしなかったり、そもそも新潟に居なかったりした時期があるので仕方あるめーよ)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/06/04

船越ゴールを観に行ったつもりが、船越組ゴールを観て帰ってくる不思議

イエー!例によってキショー祭りに乗り遅れたー!(なんだそのムリヤリなハイテンション) 金曜の代表モンテネグロ戦、勿論キックオフ前から正座して拝んでおりましたですよ。青いユニ着ててもキショーさんは清々しいほどいつものキショーさん(しかも、比較的いいキショー)で大騒ぎでしたよ。一人でな。画面に食いつきながら発した言葉は「キショー!いけ!」「キショー!走れ!プレスだ!」「キショー!トラップでかいよ!」「キショー!倒れすぎ!」「がんばれ、がんばれキショー!(※ゴル裏スタイル)」と、清々しいほどキショー以外のプレイヤーが見えてない状態。何か身に覚えがあるなあ、と思ったらヴェルディの試合みてる時の「ゆーぞーさん!」しか口にしないわたくしだ…。
以上は今回のエントリの壮大な前フリ(うわあ代表様を前フリて)。久々にアルビの、というかJ1の日程が組まれていない週末。ならばJ2を観に行っちゃおうではないですか。突発的に見えるが結構前々から予定には入れておりました、J2東京V v 愛媛@味スタ生観戦編。(6月時点で既に味スタ3回目…どんだけ好きなのよ味スタ)

最近の優蔵さん。あの怒涛のヴェルディ6連敗以降、どうやらラモやんが広山を使う事に活路を見出したらしく優蔵さんスタメン落ちの日々が続く。身長差30cmだなー見た目的に楽しいなーと前々から思っていた飯尾との2トップが何故かサテで実現している。まあ、あの高さとポストになれるフィジカル強さは広山にも飯尾にもないものだし(平本も居なくなっちゃったし)、試合終盤には必ず攻撃のオプションとして必要になるでしょう。そのうちまたスタメンもあるんじゃね?という事でそんなに悲観してなかったりする。
そんな訳で土曜朝は単身上京。折角なのでダンマク(ちゃんとオレンジの部分を緑に塗りなおしました。礼儀としてね)も持って行っちゃおう。わあい生優蔵さんだ3ヶ月ぶりの生優蔵さんだー。都内に入って11時過ぎ、京王線の車内でどれどれと今日のヴェルディのスタメンを携帯で確認する。うわー優蔵さん居ねえー。まさかのベンチ外だー。もう引き返せないトコロまで来ていたが、あの時は本気で帰ろうかと思った…。いや待てよ、折角の上京だし新宿でクリスピークリームドーナツに1時間並ぶってのはどうだろう?ディスクユニオンでCD大人買いってのもオツじゃない? だが、わたくしの手元にはダンマクのみならず、お泊りセットと翌日のフットサル用着替え&シューズ(日曜、魚沼サルにお邪魔する事になってたのだ)というムダに重い荷物が。これ持ってまた新宿戻るの超絶イヤだなあ…という事でハラを括って緑のタオマフ(礼儀として)を巻き直し飛田給に向かったのでした…。激しく気分サゲサゲ。

Ajista070602_0
今年ヴェルディの試合観に来るのは(PSM含めて)3回目。味スタの緑主催試合は初。「全緑疾走!」のダンマクもわたくしの気分をアゲてはくれない。上がらないので悔し紛れに、入り口近くでやってたスポンサー様プレゼント抽選会に携帯で応募。早めにバックスタンド(1969シート)に席を取る。座り放題だ。これが噂の空席ジャパンか。優蔵さん本人は居ないがせめてダンマクぐらいは貼らせてもらおう、と前列をウロウロしていたら、係員さんが「横断幕ですか?」と声をかけてくれた。ご存知のとおりあそこは2層にダンマクを掲出できる。お言葉に甘えて下段(ガラ空き)に出させてもらうということで係員さんに丸投げ。ありがたやありがたや。スタジアムの形態とダンマクの数の違いはあれど、あの至れり尽くせりぶりは残念ながら清五郎にはないものだな…。
一仕事終えたら(※終えたのは係員さん)今回の上京の目的が完了してしまいました。まー折角滅多に来れない味スタホーム側なので探検してくるか。ということでコンコースを一通りぷらぷら。売店も軒並み空いてて並ばずにお昼がいただける。味スタ丼を購入してぷらぷら歩いてると、オレンジと濃紺のタオマフを巻いた人発見。え、新潟?確かに優蔵さん(居ないけど)とかハギーとか吉原とか幸治郎(居ないけど)とかアルビOB多目のヴェルディだけど、わざわざ味スタで新潟アピールってどうなの?○ッ○○ブルーのシャツをわざわざ味スタに着てくる○ュ○○サポとレベル一緒じゃね?と一瞬思ったが、考えてみればそれ愛媛サポの方だよな。テヘッ早とちり。因みに味スタ丼はあんまりな味だった。スタジアムグルメで腹を立てたのは九石ドーム以来だ。

空席ジャパンに占拠されていたバックスタンドもほどほどに埋まり、両サポの声出しも始まった。お、ハギー先発だ。最近やっと出番増えてきたね。あっ愛媛には青野大介(旧船越組構成員)が。ヴェルディチアは大技がうまいですねー。まったりまったり。Jの試合でここまでマッタリとキックオフを迎えたのは久々だ。
前半はヴェルディ3バックの左(バックスタンド目の前)に入った冨澤の脚線美に目は釘付け。何故冨澤はハーパンを全部サポーターに押し込んだブルマ状態(アルビサポ向けに分かり易く言うと練習の時の寺川さん)で試合に出ているのか?太腿に自信アリか?お色気アピールか?誰に?ラモやんに?自問自答しながら時間は過ぎていく。ぽかぽか陽気が眠気を誘う。…やっぱりお目当ての選手(しかもわざわざ新幹線でその選手だけ観に来てる訳ですよ!)が出てないとこんなもんか。観る方もやる気出ないってことか。と思ったが、ぶっちゃけ試合展開もネムイ。眠気覚ましに携帯で友人知人にメールを送りまくる(おかげで終了直後に電池が切れた)。なんでか知らないが前線の選手が芝に足を取られてツルツル転ぶ。フッキも転ぶ。こないだのアルビのFC東京戦でも同じ事を思った記憶があるが、ホームスタジアムで芝に順応できないホームチームってどうなんだ。
Ajista070602_1
気合を入れなおすために後半は1969シートからヴェルディ側ゴル裏に移動。後半のヴェルディ定番チャント(♪かもんかーもーん)が好きなので。わたくし内では♪かもんかーもーん@ヴェルディ、♪俺たちくさーつー@ザスパ、インディジョーンズ@水戸ちゃんはJ2クラブの3大お気に入りチャントであることよ。もうちょっと捻ったネーミング考えろ自分。
ヴェルディのシュートはびっくりするほど入らない。フッキの突破力は相変わらず怪物級だが、フィニッシュが…。広山は通算2回ぐらいバーとかポストとかに当ててたな…。そうこうしてるウチに、向こう側のゴールネットが揺れた。愛媛先制。ゴル裏にじわじわと流れるガッカリムーヴメント。しっかし今のゴールかなり遠めから撃ってたよな、まさか入るとは。愛媛にもスゲェの蹴る人いるんだなー。ここで場内アナウンス。『只今のゴール、愛媛FC27番、青野大介選手でした』えええええ!?あおのん!?緑の人に囲まれて一人変な声が出るわたくし。あまりに驚いたのでむ のおいちゃんに電話したぐらいだw(おいちゃん好きだからねー、愛媛で輝いてるあおのんとか去年のザスパで王様やってた島田とか) いやー、地元でいきいきやってるねーあおのん。これはこれでアルビサポ的には喜ばしい。喜ばしいが…ヴェルディの調子が全然あがってきません。60分前後しか持たないのにスタメン確保されてる名波、正直今日の出来ではどうなんだろう。ハルたん(大野)じゃダメなのかいラモやん。クロスが広山の頭上はるか遠くを越えてゆくたびに「あー、こんな時に優蔵さんが居たら(ry」と独りごちて更に気分はサゲサゲ。ディエゴのFKのやる気のなさにはこっちがビックリだ。

しゅーりょー。控えめなブーイングが飛びまくるゴル裏。他サポの分際でこう言ってはナンだが、ヴェルディあれはヤバイ。攻撃に開幕の国立で観た爽快感がない。ムダにロングボールが多くて攻撃にリズムが出ない。多分ブラジウ人(フッキ・ディエゴ・今日は居ないけどゼ・ルイス)がコケたら皆コケる。あれだけの選手を揃えててもこういう事ってあるんだねえ。対面の愛媛はといえば、当然お祭り騒ぎ。トラメガの声だけがやけに響く。めでたいのは分かるがあんまビジター席で延々騒いでるとホームのサポに怒られますよー。帰りがけ、携帯を見たら入場時に送っといたプレゼント抽選が当たっていた。あらあら何が貰えるのかしら。景品は「八千代銀行ポチャッコレジャーシート」。ビミョー…。

-------------------
船越ギャル久々の逆境wだったが、まあ今回ベンチ外だったのは体調不良とかそんな感じだろうし(憶測)そんなに心配はしていない。なんだかんだで気合の漲り過ぎないサカー観戦もこれはこれで楽しかったしね(感覚としては、川崎球場のレフトスタンドで麻雀しながらロッテvs南海を眺める感じで)。7月はJ1中断期間だし、ウチはナビスコもなくなっちゃったので、また観にいきたいなあ。その時こそ優蔵さん少なくともベンチには入っててほしいね。なんだその夢のない希望は!

-------------------
今ちょうど上記の試合をJSPORTS1でやってます。あおのんゴール、今見てもすげえな。流石船越組だな!(そこかよ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/04/26

船越優蔵のネクスト・ミッション

本日は8時半頃家に戻ってきて、そゆえば今日J2やってたな、と慌ててスカパをつける。そう、東京V v 徳島、勿論優蔵さんを観たいが為に。J2反則級の補強と開幕からの快進撃(と、優蔵さんの確変)を観るにつけ「あーこりゃ今年は独走かな」と思わされていたヴェルディだが、4月アタマに優蔵さんが怪我で離脱してから驚きの4連敗。どないやねーん。今日もTVつけたら(※この時点で残り10分)ホームだというのにヴォルティスに0-2で負けている。どないやねーーーーん。

なにぶん10分ばかりしか観てないのでエラソな事もいえないが、開幕に国立で見た時の圧倒的だったヴェルディ、一体何がどうしてこんな事に?フッキがいきなり普通の人に。服部も土屋もなんだか自信なさげだ。ひとり左サイドで気を吐く平本(こないだの札幌戦が復帰1発目)、でも噛みあわない。そうこうしてるうちにまた追加点決められる。後で見た失点シーンも、惑星直列状態のDF陣が4人全員ボールウォッチャーという空前の気まずさ。こういう負のスパイラル、ボキも去年の9月頃マイチームで観た覚えがあるので歯痒いな…。
で、優蔵さんだ。たった10分であっという間に判明した事だが、ヴェルディは愚直なまでに「優蔵さんに合わせて落として2列目に飛び出させて」という電柱戦術の極北をやってのけている。パスサッカーが身上だったはずのあのヴェルディが。言葉は悪いが、船越頼みの○○サッカー(すいません一応伏せてはみたけどホントすいません)。そしてそのミッションを、これまた愚直なまでに完璧にこなす優蔵さん。これはこれで輝いているが(※去年は試合に出てるだけで眼福だったので、試合開始からフルで出てるなんて正に夢のようなんだよ!)、折角のチャンスにみすみすファウルをくれてやったり、クロスをキレイに頭で落としても誰も走り込んでこなかったりとこれまた難しい状況。
言うてもヨソ様のチームの事だから、あまり色々と苦言を呈する気はない。だが、優蔵さんは別。わたくしはなにぶん船越ヲタなので「わあい試合に出てるー怖い顔いえーす」とミクロな喜びに浸ることも可能だが、既にあのチームの一員としてファンに受け入れられ、愛され、共に闘う仲間として認識されている優蔵さんには、前線のポスト要員という以上のミッションが課されている。入団会見で、「新潟で昇格を経験したので、その経験をこのチームに伝えていきたい」と確か仰っていたはず。シーズン44試合(当時)の死闘をくぐり抜けて、最後に頂点に立っているために何をすればいいのか。それをチームに伝えられるのはヴェルディの新加入選手では優蔵さんだけなのだ。名波にも服部にも、フッキにさえも出来ない役目が優蔵さんにはある。(今調べたら、吉武(ex横浜FC)と吉原(ex川崎)も、あと言わずもがなディエゴ(ex柏)も一応昇格経験者だが、話の流れ上それは置いておくとして) 新潟から胸を張って優蔵さんを送り出したからには、新潟で得たものを新しい場所で還元してほしいと、キレイ事ながら思うのだ。試合中、怖い顔でチームメイトに檄を飛ばす優蔵さんを観てると、あながちキレイ事でもないかなーという気がしてくるからフシギ。人はそれをヒイキ目と呼ぶけどな。

--------------------
だが、ぶっちゃけ、今のJ2でヴェルディよりもはるかに泥沼ではるかに心配なのは水戸ちゃんだ!なにせ開幕からまだ一勝もしてないぜ!正直わたくしもどうしていいか分からん!そんな心配な2チームが5月3日に対戦だ!なにかとフクザツだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/17

あの人のことならどこに居ても分かるの(はあと)

実に痛々しいエントリ名だが、これは先日仲間ウチで「自分の好きな選手は遠くから見ても走り方やプレイの癖で分かる」という乙女トークになった時のもの。「わたくしだって優蔵さんが試合出てたら一発で分かるモン!」とギャルっぷりを発揮したが、全員に「デカいんだから当たり前だ」と言われて終了…。J2仙台 v 東京V@ユアスタ、やっとプラン変えたので自宅で問題なく観れるようになりましたスカパ観戦。お茶の間DE優蔵さん。これはこれで激しく贅沢!久々のリアルタイムテキストでお送りします。休日っていいなあ!

・お昼寝してたら寝過ごした。前半20分位から観戦
・2日前位まで、本気で行こうと思ってたんだよなユアスタ(この季節に車で県境越えは厳しいという理由で断念)。スタンドは予想通り真っ黄色(変換したら「末期色」と出ましたが他意はありません)のベガサポでびっちり。こんだけ人入ってたら当日券なかったな。あのブドウは酸っぱいに違いない理論
・てかベガって今、中島&萬代くん2トップかよ!キャー。つかナカハラどこいった~
・優蔵さん「前線で胸で落としてフッキに預ける」というミッションを無難にこなしています
・優蔵さん鋭い後ろタックル。ファウル取られてもボールをベガの選手に渡さない俺ルール発動。怖い顔。うっとり
・DF菅井のゴールでベガ先制。ありゃー。もしかしてヴェルディ、今季初めて先制された?
・相変わらずサポの暑苦しさJ2髄一のベガルタ。中盤の分厚さJ2髄一のヴェルディ。結果としてJ2っぽくないオモロいゲームが展開されております
・優蔵さん30分過ぎ、ペナ内でトラップから反転ボ…へなちょこシュート。アタマ抱える
・38分、福田のクロスに高さで合わ…ない優蔵さん。ちょっとフカした(ちょっとか、アレ?)
・萬代くんがわたくしの記憶より逞しいFWになってる。と思ったが、やっぱりちょっとへなちょこ
・フッキがちょっとご機嫌ナナメ。要所要所でロペスとやりあうw
・43分優蔵さんキープ失敗
・45分、名波からクロス。「船越待っていたが!194cmのアタマの上を通過していきます!」
・ロスタイム。ゴールキックを蹴ろうとするシュナ潤にプレッシャーをかけにいく優蔵さん。真っ黄色のスタンドから大ブーイング。これだー、優蔵さんこれだよー(何がなんだか)

・ハーフタイッム。スカパが(J独占放送始めただけあって)この時間使ってクラブ情報とか流すようになったんだな。ベガッ太さんがレポーターを相手に新グッズ「ベガッ太カード」の宣伝をしている。このカード、いつ配布するのかと聞いたらベガッ太さんの気が向いた時だけだそうだ

・後半。ヴェルディにはロングスローもセットプレイの一環という考えがあるようで、よくサイドラインから優蔵さんを狙ったボールが飛ぶ。あれ、活かさなきゃなあ
・あああ。中島のループシュートでベガ追加点
・と、思ったら直後、服部のクロスからゼ・ルイスが合わせた!2-1!わかんなくなってきた!
・名波&大野out、井上&佐藤悠介in。カウンター速攻、フッキが放り込んだクロスに優蔵さんが!合わない
・実は優蔵さんよりゼ・ルイスの方がヘッドの精度いいような気がしてきたw
・うーん。ヴェルディおかしいな。だんだんフッキにボールが集まらなくなってきた(これは名波が引っ込んだタイミングと合わせると納得いく気がする)。やっぱり前2戦は下位チーム相手だったのでうまくいったが上位相手だとそう簡単にはいきませんって事か
・69分、うぎゃ!萬代くんがアタマで合わせたシュートがバーに!惜すぃ&あぶねあぶね(あれ?ボキどっち応援してんだっけ?)
・70分過ぎ、しばらくヴェルディ押せ押せ。優蔵さんの名がアナウンサーの口から出るたびに心臓縮まりそうだ。ペナ内で潰れてる場合ではない!
・78分。優蔵さんゴール前で相手DFに詰める!詰める!詰めまくる!いやー相手はイヤだろうなあボール持ってると194cmの人がじりじり追ってくるのw
・83分。ああ、フッキ持ちすぎ、持ちすぎ、持ち…ええ!?そこまで切り込む!?というサイドラインギリギリから放ったシュートが、入った(驚き)。すげ…この人やっぱ個人技オンリーで全部やっちゃうんだ…。同点!
・86分、優蔵さんout富澤inの準備中。なかなかボールデッドにならず、CKも取ったのでラモやんまだまだ優蔵さんを替えずに引っ張る(引っ張って!)。服部からのクロスを優蔵さんがアタマに!合わせたけどゴールマウス捉えられず。優蔵さん今日もおつかれさまでした。激しく怖い顔で仲間を鼓舞しつつベンチに下がる優蔵さんに、船越ギャルも緑サポも(多分)うっとりです
・しゅーりょー。2連勝同士の対決はなかなかの好ゲームでドロー。あっ、遠くから♪フッキゴールフッキゴールフッキゴールラ!ボンバ!が聞こえる(これ一度聴くと癖になるw)
・最後はヴェルディとも優蔵さんとも全然関係ないハナシ。どなたかが「萬代くん巻誠一郎に似てる説」を唱えてらしたが、うむ、顔は似てる(あの手の顔は福島じゃモテ系なんだよ)が佇まい的にもっと似てる人いないか?そこそこ長身なのでヘッド得意なのかと思ったら全然そんな事はない、ウチの代表候補のあの人にも少ーし似てないか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/08

どうよ緑サポ、これが俺達の船越優蔵よ!!!

さて、ここからが無駄にハイテンションな大分戦翌日のJ2開幕戦、東京V v 草津@国立競技場。

だいぶ前に書いたとおり、優蔵さんがヴェルディに移籍して、日程が出た時から羽田経由で開幕戦ハシゴは決定項。そうでなきゃ大分-羽田間の始発押さえないよ(結局大分には2回行ってるのにどちらの滞在も24時間以内、温泉にすら入った事がない)。しかしなにせヴェルディ、選手層がムダに厚い。FWの数だけでもアルビの倍以上。フッキと平本(大幅にメンツの変わったヴェルディだが、平本は昔っから良くも悪くもヴェルディらしい選手だと思う)で堅そうな2トップにいかにして潜り込めるのか優蔵さん。キャンプの序盤で手を怪我したなんて情報も入り、開幕戦で見れるかどうかで結構早い時期からネガ入ってたのは事実だ。羽田から千駄ヶ谷へ向かう道すがら、モアキンに「なんでそんなにネガなんだ」と言われたが、わたくしは元々何につけても「100パーセントうまくいくとは限らない」という性分で、勝算9割9分ぐらいの賭けでも自分からは乗らないっていうチキン野郎ですから、過去2年あれだけチャンスを掴みきれなかった優蔵さんに関しても、そのポテンシャルを信じてはいるものの最初っからそううまくいくとは思えなかったのが本当のところ。それがアナタ、フタを開けたら開幕スタメンってんだから大変デスヨ!嬉しいので千駄ヶ谷の駅から国立までの道をスキップで駆け抜けるわたくし。前日の大分とは別種の高揚感が湧いてくる。優蔵さんだ!優蔵さんに会える!以下、箇条書きにてスピーディに。

・わたくし&モアキンがスキップで国立入りしたのはキックオフ約1時間前。グッズ売店の前を「あれー?19番のシャツないのー?」「残念だなー。絶対売れるのになー19番。作るべきだな!」とデカい声で呟きながら通り過ぎる。小さなことからコツコツと!
・バックスタンド(=1969シート。前売1,969円)に席を取り、チーム魚沼(あみーゴ・Yちゃん・王さん)(あれ?一人増えてね?)(この3名様、実はこのあと日立台の柏 v 磐田戦をハシゴ。どんだけタフなんだ魚沼人)と再合流。「優蔵いる?」「いるいるー。ほらあそこにデカいのが」今日はめでたくスタメン組で練習。うはーホントにスタメンだ。いつぶりかというと忘れもしない2005年ナビ杯大宮戦(そう、アキレス腱やっちゃったあの試合)以来ですだよ。うははうはは
Kokuritsu0 
↑顔は見えないがプロフィールで判断して下さい。あれ、右下に見覚えのあるゲーフラが
・それにしても、こないだも思ったがヴェルディの面子はJ2じゃ反則だ。我々はほぼ優蔵さんだけを観にきてる奇特な客だが、勿論サッ○スブルーの小物をバッグから覗かせたナ○ギャルや服○ギャルもいらっしゃる
・自由席にいらしてたニシさんと、試合前にちょっとトーク。「それより聞いてくださいよニシさん!ヴェルディに大野敏隆(ハルタカと読むらしい)っているじゃないですか。ってことは優蔵さんが大野を呼ぶ時は『ハル』か『ハルちゃん』だよね!うっひょー」「そーだねー(聞き流す)」
・優蔵さんスタメンの報を聞きつけた友人知人からメールがばんばんと来まくる。うれしい
・やがて選手入場、キックオフ。緑のタオマフを掲げながら、遅れてくるktmrに席の場所を慌ててメール
・事件はそのメールを送信した直後に
・ああっという間の出来事。「…え?」「……入った!?」「ゴール!?」「優蔵だ!!」
・何が起こったのか一瞬わからないが、周りは大騒ぎ。優蔵さんが?優蔵さんが!?本当だ!開始40秒ちょっと、電光石火の先制点は紛れもなく優蔵さんのゴール!遠くのヴェルディベンチ前では緑色のダンゴ状態の中に一人だけアタマ抜き出た人が。ココロの準備が出来る前に、リアルで国立船越祭り開催。どうしよう、大事件だ!訳がわかんなくなってとりあえず奇声を発するわたくし。♪獣ーじみーた奇声をあーげてー
・リプレイで見たそのゴールとは、フッキのクロスから右足で撃ったシュートをブロックされて、さらに左足で決める…という、ちょっと優蔵さんそんな技持ってたの!?知らなかったわよ!という正にCFWらしい力業であった
・ああ、これだ、こういう優蔵さんをずっと観たかったんだ。うれしいなあ
・いきなり結果が出ちゃったのでこの後は安心して優蔵さんを見守る時間
・以前優蔵さん取説にも書いたとおり、優蔵さんにはセンターでどーんと張ってターゲットマンになって頂くのが一番効果的。フッキやらディエゴやら名波やらからいいクロスがばんばん入る訳だしね。なのだが今日のヴェルディは先制した後ちょっと足踏み気味。優蔵さんがムダにサイドに流れる時間も増えてくる。でも、あの豪華絢爛なメンツに想像以上にフィットしてたのはちょっと驚きだ
・あみーゴ談「優蔵が名波に指示出してる…」感慨深いな
・セットプレイでチカ@ザスパとやりあってぷりぷり怒ったり、オフ・ザ・ボールの時は「俺の出番やないな」とタラタラ歩いたり、出遅れたり、清々しいほどいつもの優蔵さんだ(はあと
Kokuritsu5
・30分遅れで国立到着のktmr。開始0分先制ゴールを移動中に知って流石に驚いていたらしい。席に着いて数分後、「おい!俺が着いた途端にいつも通りの船越じゃねーかよ!
・因みに同じ便の飛行機の乗客に、羽田からktmrと全く同じルートで国立に向かった方々も多数いらしたそうな。「駅降りたら猛ダッシュだもんな。どっから来たか一発で分かるっつーのw」「わっはっは。でも悪いけどそいつら全員負け組」(スミマセン。ちょっと気が大きくなってました)
・小声で言うが、前半途中まで幸治郎がベンチにすら居ない事に気付かなかったのは絶対ナイショだ
・後半。これニュースとかで御覧になった方も多いと思うが、フッキのFKがとんでもなく凄かった!無回転でゴールネットに一直線ですよ!流石にあれは驚いた。先週の東京ダービーの時はディエゴに隠れて目立たなかったがやっぱりJ2反則級だ、アレは
・この後は大変なゴールラッシュ。土屋まで点決めちゃう。土屋&優蔵さんのやたらと筋肉質な「ちょっと、ちょっとちょっと」パフォーマンスが意味不明で猛烈にかわいかった
・そろそろ優蔵さんお疲れターイムッ。両足ともけっこうツラそうになってきた
・しかし、誰もが終盤パワープレイ要員だと思ってた(わたくしですら思ってた。ごめんなさい)優蔵さんがスタメンで結果出しちゃうって凄くね?嬉しい誤算ってヤツ?晴れやかな心持ちでベンチに下がる優蔵さんを見守る我等
・後の楽しみはヒーローインタビュー。このまま無失点に抑えれば先制点の優蔵さんで決まりだがこのゴールラッシュだと分かんなくなってきたな。フッキが2ゴール目を決めた時はちょっと内心「チッ」と思ったw
・しゅーりょー。緑サポさんたち嬉しそう。勿論我々だって嬉しい。ヴェルディの選手達がバックスタンドからゴール裏へ順に挨拶をしてゆく。我々の前を通り過ぎる時、スタンド前方まで下りて「優蔵ー!」「ゆーぞーさん!」と叫んだら、ガン見された挙句無表情に手を振り返された。超コワイ。嬉しい。こんなところまで変わってない優蔵さんが超絶いとおしい
・さて、注目のヒーローインタビューは?やっぱりフッキか、フッキなのか?
Kokuritsu7
・おおおおお!威風堂々お立ち台ですよ!デカい人が更に高いところに!
・緑ゴル裏から起こる船越コールが死ぬほど嬉しい。「俺達のフナコシ」が新しい場所で新しい仲間達に受け入れられた。なんて誇らしいんだろう
・(それが自分達じゃない事はほんの少し残念だけど、なにせ国立船越祭りなのでそんな些細な事は忘却の彼方だ。喜んどけ、喜んどけ!)
・終了後は勢いで出待ちw 緑サポさんの呼びかけに答えて顔を出した優蔵さんの隣には秋葉さん@ザスパ。見覚えのあるサポ(というかニシさんを見て驚いてたのであろう)集団を見つけてやたら嬉しそうな二人が印象的であった
・帰り道は緑コアサポ反省会(祝勝会?)の傍らを「19番のチャントは早く作るべきだと思うな!」と呟きながら(やめなさいよ>じぶん)

-------------------
そんな訳ですっかり遅くなりましたが国立レポでした。いやー、いやー、もう、素直に嬉しいだけですよ。今後もこの調子でヴェルディの熾烈なFW競争に勝ち残れるといいな。得点ってのはこれ以上ないアピールになったことであろー。うふふうふふ。さあ次はいつ観に行こうか。アルビも行ってヴェルディも行って、今年は忙しくなりそうだな!お金ためなきゃな!

<余談>
・ゴールの瞬間から翌日に至るまで、何故かわたくしの元には大量のおめでとうメールが届いた。その数たるやわたくしが誕生日にもらったおめでとうメールを凌ぐ。皆様ありがとうありがとう
・ここで、もしかしたら御覧になってるかもしれない緑サポさんに控えめに質問。あの、去年まで新潟で出してた優蔵さんダンマクってのがあるんですが、どなたかご入用の方いらっしゃいませんか?(参考画像)当然オレンジの部分は緑に塗り直してからお譲りします。よろしければメールでご連絡を。以上、控えめなお願いでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/09/27

かーもん・かもん・水戸・かもんっ

週末はあんだけアグレッシブに遊び回れるのに、ウィークデイはただデスクワークしてるだけにも関わらず帰宅するとグッタリ疲れてる今日この頃。単にモチベーションの違いですな(VIVA!ダメ社会人)。でも今日はいそいそと帰ってきたぞ、J2柏 v 水戸を観るために。
敷島での漢祭り以来、マイチームに一喜一憂する傍ら水戸ちゃんの結果も気にかかる。やっぱり一度声出して応援に参加しちゃうと、選手の顔と名前一致してなくても微妙に気になってくるものですよ(※水戸ニスタの思う壺ですな)。7時半ちょっと前にスカパつけたら、あらま1点リード!得点者は誰か、おおやっぱりアンジー(アンデルソン)か。関係ないが水戸ちゃんにはアンジーが居るけど、アンジーにも水戸ちゃんが居るんだよね分かりにくいよねこれu-coさんとモアキングとゆりっぺぐらいしか反応しないよねスミマセン。
さてさて、試合。珍しくホームで1点ビハインドを背負っているレイソル、これも実は久々に観る。一番最近ではよりによってヴェルディにボコられてたあの試合だ。でもやっぱり、パスワークだけ見ててもレイソル普通にうめぇわ。選手個々の力といい戦術といい、申し訳ないがやっぱり水戸ちゃんとは順位分の差があるのが見えてしまうのだ。耐えろ水戸ナチオ。とか言ってるウチに、レイソル攻勢でゴール前のゴタゴタからネットが揺れた!え、ファウル?でもってやっぱりPK!?同点…うわー水戸ちゃん的にイヤンな展開。
後半はああっとゆう間のレイソルペースであった。セットプレイから岡山「家買っちゃえ」一成の異様に打点高いヘディングゴールで逆転、山根巌(ンターセプト イドな展開 母さん似)のインターセプトからのワイドな展開で3-1。あー思い出した、岡山と山根って2003年ふろん太のノブリンチルドレンだな!それはともかくとして、厳しいこれは厳しい。ktmr曰くの「2点リードを許した時、追いつくだけの力量を水戸が持っているのか」という、正にそのまんまの点差をつけられてどれだけ気持ちを切らさずにプレイ出来るのか。数少ないチャンスがくるととにかくアンジー任せにならざるを得ないのが苦しいところ。なにも2人マークにつかれてるアンジーにムリヤリ出さなくても…。そんでアンジーもいくらキープ力あるからってそこまで持ち続けなくても…。2点ビハインドになった直後ぐらいか、もう一人のFW西野がペナルティエリア手前どフリーで持った!目の前ぽっかり空いてるぞ!ってトコロでまさかの横パス。ははは…わたくしは君のようなFWをもう一人知ってるぞ。水戸ちゃんと同じ県にあるJ1チームの、代表経験もあるFWで、コードネームはQBKだ。頑張れこんちくしょう。頑張らないと♪たらこたらこのメロディでニシノニシノって歌うぞ。

終わってみればレイソルのホーム力&地力でらくらく勝点3、水戸ちゃんは敷島での展開そのまんまの逆転負け…噂の水戸ナチオとやらに戦慄してみたかったのに、あれか、そうか、わたくしが疫病神か!アウェイ0-7とか1-3とか負け犬パルスを水戸ちゃんに持ち込んだのがいけないのか!正直スマン!

--------------------
そんなにちゃんとJ2見てる訳じゃないのだが、上位争いがレイソル・ヴィッセル・フリエで壮絶な事になってるのね。ベガ仙は…どうやら今年も終了くさいな…。皆いろいろ思うところはあるだろうが、エセ東北人としては結構気になってるのよベガ仙(じゃあ山形はどうなんだと言われると、困る。頑張れミヤミヤ)。萬代くん来季レンタルとかでいいから新潟こないかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/04

VIVA!水戸ニスタ!第3回納涼漢祭り!(後編)

これってホントにJ2の試合か?という内容が続いた漢祭りレポだが、ホントに試合だ。という感動巨編、ついに完結。

続きを読む "VIVA!水戸ニスタ!第3回納涼漢祭り!(後編)"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/09/03

VIVA!水戸ニスタ!第3回納涼漢祭り!(中編)

漢祭り中篇(前後編で終わらねぇ!)。写真多めでお送りします。

続きを読む "VIVA!水戸ニスタ!第3回納涼漢祭り!(中編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VIVA!水戸ニスタ!第3回納涼漢祭り!(前編)

以前にも書いた、水戸サポの納涼漢祭り。これ実は前からものすごく気になってたのだ。等々力のスタンドで流しそうめんって何だよ!三ツ沢で御輿って何だよ!え、今年は敷島!?うわー超絶行きてぇ。この日アルビも試合ないし!しかし仲間ウチの反応も薄いし、そもそも浴衣持ってないし(※漢祭りは和服が正装です)参加見送りかなぁ…と思ってたのが8月アタマ頃。
が、救世主が続々現れた。「じゃ一緒行きますか」と言い出したのが2chで神と呼ばれた男ktmr。「某温泉の旅館から浴衣一式借りるから衣装の心配ナシ。温泉のバスも出すよ」と提案したのが南魚沼の最高権力者・む のおいちゃん。こうして条件は全て整い、ゆりっぺも行く!ネタ仕込む!走れ☆ホーリーホックも覚える!と言い出した。よーし、行っちゃうよ漢祭り!と、J2草津 v 水戸

続きを読む "VIVA!水戸ニスタ!第3回納涼漢祭り!(前編)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)